イエロー (コールドプレイの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イエロー (Yellow)
コールドプレイシングル
収録アルバム パラシューツ
リリース 2000年6月26日
録音 2000年2月~2000年3月
Parr Street Studios
ジャンル オルタナティブ・ロック
時間 4分29秒
レーベル パーロフォン
作詞・作曲 ガイ・ベリーマン
ジョニー・バックランド
ウィル・チャンピオン
クリス・マーティン
プロデュース ケン・ネルソン
コールドプレイ
チャート最高順位
  • 4位(UK
  • 5位(AUS)
  • 6位(US・Modern Rock Tracks)
  • 48位(US・Billboard Hot 100)
コールドプレイ シングル 年表
Shiver
(2000年)
Yellow
2000年
Trouble
(2000年)
テンプレートを表示

イエロー (Yellow) はイギリスロックバンドコールドプレイの2ndシングル。コールドプレイの代表曲の一つであり、このシングルよりバンドは大ブレイクし国際的に認知されるようになった。ライブでも定番の曲である。1stアルバム『パラシューツ』に収録されており、この曲はUKシングルチャートでコールドプレイ初のTOP10入りを果たした。これを受けて本国イギリスの他にアメリカフランスブラジルなどでもリリースされた。

この曲はリヴァプールにあるParr Street Studiosにてレコーディングされた。2000年夏ごろにリリースする予定であったためかなり急いでレコーディングしたとメンバーは語っている。

シングルは2001年秋のABCテレビのプロモーションに使用され、また機関の公式イメージで黄色の花を用いているつながりでThe Cancer Council Australiaのイベントである"Daffodil Day"のテーマソングにも採用された。

タイトルについてはクリス・マーティンがテレビでのインタビューで、「イエローページからインスピレーションを受けてタイトルを決定した」と語っている。

イギリスのワトフォードに本拠地を置くワトフォードFCは、ホームゲームのハーフタイムなどでこの曲を流している。

収録曲[編集]

  1. "Yellow" – 4:29
  2. "Help is Round the Corner" – 2:38
  3. "No More Keeping My Feet on the Ground" – 4:33

プロモーション・ビデオ[編集]

イエローのPVイングランドのSwanage近郊にあるStudland Bayで撮影された。このビーチはとても美しいビーチとして知られており、ナショナル・トラストにより保護されている。ビデオの内容はとてもシンプルなものでリードボーカルクリス・マーティンがビーチを歩きながら歌うというもの。ちょうど雨が降っていることを意図してマーティンの頭は濡れておりレインコートを着ている。ビデオはノーカットで撮影されており、またスローモーションに編集されている。

もともとは日当たりのよい場所でバンドメンバーが演奏をするという内容になる予定だった。しかしバンドのドラマーであるウィル・チャンピオンの母の葬儀と撮影の日が重なってしまい、マーティン一人だけで撮影することになった。天気もまた予定されていたものと違うもので、当初は晴れた日に撮影することになっていたが実際には雨の日で撮影を行った。また元々の星空を動かす編集を加え、時間が早く進んでいるように思わせるという意図もある。ディレクターはマーティンから焦点を少しずらして撮影している。

このビデオを製作したのはJames & Alex of The Artists Companyである。ビデオは通常の2倍の速度である1秒あたり50フレームの速度で撮られている。このためマーティンは映像と音を同期させるために通常の2倍のスピードで歌わなければならなかった。撮影されたビデオを1秒あたり25フレーム遅くしたスローモーション効果を与えてビデオは完成した。

受賞とノミネート[編集]

受賞[編集]

部門
2001 NME Awards Best Single

ノミネート[編集]

部門
2002 グラミー賞 Best Rock Song
2002 グラミー賞 Best Rock Performance by a Duo or Group with Vocal

関連項目[編集]

外部リンク[編集]