プロスペクツ・マーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Prospekt's March
コールドプレイEP
リリース 2008年11月21日
録音 2007–2008
ジャンル オルタナティヴ・ロック
時間 27:31
レーベル Parlophone
プロデュース Markus Dravs, Brian Eno and Rik Simpson
コールドプレイ 年表
Viva la Vida or Death and All His Friends
(2008)
Prospekt's March
(2008)
Mylo Xyloto
(2009)
Prospekt's March 収録の シングル
  1. Life in Technicolor II
    リリース:2009年2月2日[1]
テンプレートを表示

プロスペクツ・マーチ[2](Prospekt's March)は、コールドプレイEP。全世界で53万枚、アメリカでは7万7千枚を記録。

概要[編集]

美しき生命に収録されなかったいくつかの曲に加えて、「ラヴァーズ・イン・ジャパン」のリミックスバージョンなどを収録している。このアルバムの中から「天然色の人生2(Life in Technicolor II)」がシングルカットされている。

アルバムジャケットは、ウジェーヌ・ドラクロワポワティエの戦い。ちなみに美しき生命には、民衆を導く自由の女神が使われている。

収録曲[編集]

全作詞・作曲: Guy Berryman, Jonny Buckland, Will Champion and Chris Martin, except "Lost+" co-written by Shawn Carter

# タイトル 時間
1. 「天然色の人生2
Life in Technicolor II」  
4:05
2. 「彼方からの便り
Postcards from Far Away」  
0:48
3. 「グラス・オブ・ウォーター
Glass of Water」  
4:44
4. 「レイニー・デイ
Rainy Day」  
3:26
5. 「プロスペクツ・マーチ/ポピーフィールズ
Prospekt's March/Poppyfields」 (2:55/0:42)
3:39
6. 「ロスト+
Lost+」 (featuring Jay-Z)
4:18
7. 「ラヴァーズ・イン・ジャパン(オーサカ・サン・ミックス)
Lovers in Japan (Osaka Sun Mix)」  
3:58
8. 「ナウ・マイ・フィート・ウォント・タッチ・ザ・グラウンド
Now My Feet Won't Touch the Ground」  
2:29
合計時間:
27:31
iTunes bonus video
# タイトル 時間
9. Viva la Vida (Music video)」 (Anton Corbijn version) 4:08
合計時間:
31:39

脚注ヘルプ[編集]

  1. ^ Life in Technicolor ii to be single”. Coldplay.com (2009年1月5日). 2014年1月17日閲覧。
  2. ^ 「美しき生命~プロスペクツ・マーチ・エディション~」はこのEPと美しき生命が入った2枚組である。