イェファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イェファーまたはイェヴァー(Jever)はドイツニーダーザクセン州フリースラント郡Friesland)にある人口14000人ほどの街である。この街で造られるビールの銘柄名としても知られる。

概要[編集]

ローマ時代はカウキー族(Chauci)の居住地であったと考えられる。9世紀にイェファーとリュストリンゲンRüstringenはフランク王ルートヴィヒ1世によって、デンマーク人のLord Hariold に与えられた。中世においてはGeveraeとして知られ、ザクセン公、ヴェルフ家オルデンブルク家に領有された。13世紀には首長を選挙で選ぶことが許されたという記録がある。

中世が終わる頃には港は無くなっていたが、イェーファは貿易よ商業の独立した町として栄えた。1511年に首長Edo Wiemkenが死ぬと西フリースラントのGraf Edzardによって占領されたが、Edoの娘マリアのもとで独立を回復した。1575年マリアの遺志でオルデンブルク家の領地となった。その後Anhalt-Zerbst家に引き継がれ、オルデンブルク公フリードリヒ・アウグスト1世の死後、ロシアの領地となった。ナポレオン戦争を経て、1808年から1810年オランダ王国に領有され、フランスの退潮により、ロシアの手に戻り1818年オルデンブルク公の領地に戻った。

Anhalt-Zerbst家は商業の秘密や自由を保障する政策をとったので、イェファーはフリースラントにおけるユダヤ人おもな居住地となり、19世紀にそのピークを迎えた。その後、経済的なチャンスを求めてより大きい町に移住が行われ、1920年代からは反ユダヤ主義からの亡命のため、ユダヤ人社会は縮小された。1933年にはイェファーのユダヤ人は98人に減った。『水晶の夜』に1802年に設立されたシナゴーグは完全に破壊され、ホロコーストで少なくとも63人が殺された。