イアン・ロデリック・マクニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イアン・ロデリック・マクニール(Ian Roderick Macneil、1929年 - 2010年)は、アメリカ合衆国法学者であり、仲裁法契約法の専門家である。ノースウェスタン大学ロースクール名誉教授ジョン・ヘンリー・ウィグモア法学教授。

人物・来歴[編集]

バラ島のマクニール氏族の第46代氏族長である。ニューヨークに生まれバーモントで育った。

バーモント大学でBAを、ハーバード大学ロースクールでLLBをそれぞれ優等の成績で取得した。

合衆国第一巡回区控訴裁判所の法務書記、法律事務所のアソシエイトを経て、1959年から1972年1974年から1980年まで、コーネル大学法学部で教えた。

1972年から1974年の間は、バージニア大学先端研究センター法学教授兼センター員を務めた。

1980年から1999年まで、ノースウェスタン大学ロースクールで教えた。

バラ島のマクニール[編集]

1970年、マクニールは、ヘブリディーズ諸島にあるバラ島のマクニール氏族の長、すなわち、5世紀アイルランド上王である9人の人質ニールから連綿と続く、スコットランドの氏族の第46代当主の地位を世襲した。

バラ島の領主であったが、2003年、バラ島の広大な土地をSEERAD(スコットランド行政部の環境および地方関連部)に寄贈した。

関係的契約理論[編集]

マクニールは、関係的契約理論と呼ばれる学説の主唱者である。

この契約理論は、意思主義を基調とする契約観を批判するもので、関係性に契約の基礎を見出す新たな契約観を提供するものである。 この理論は、単に法学にとどまらず、法社会学社会学政治学経済学人類学哲学その他の学問領域を横断するもので学際的色彩が濃く、多くの法学者から反発を招いたが徐々に支持者を増やしている。

マクニールと関係的契約理論は、東京大学教授内田貴によって日本に紹介された。

著書[編集]

  • 『連邦仲裁法(Federal Arbitration Law)』
  • 『新社会契約(The New Social Contract)』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]