アーブラハム・ガイガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーブラハム・ガイガー

アーブラハム・ガイガーAbraham Geiger1810年5月24日 フランクフルト・アム・マイン - 1874年10月23日 ベルリン)はドイツラビで、改革派の指導者。

ユダヤ教を、普遍的な使命を持った世界宗教として捉え、「民族的色彩」を除いていくことに努めた。

1835年から1847年にかけて、"Zeitschrift für Jüdische Theologie" 誌を共同刊行し、1862年から1874年にかけて、"Jüdische Zeitschrift" 誌を編集した。

本来衛生のためであった割礼(ベリース・ミラー bərith milah)に関しては、「野蛮で血なまぐさい儀式」などと見なしたりした。

1854年に改訂して出版した祈祷書からは、天使蘇りに関する記述を削除した。また「ディアスポラ(「離散状態」)の終焉」と「シオンへの帰還、エルサレム神殿の再建」などの祈りも除外した。

同時代の正統派ユダヤ教の論敵には、ザムゾン・ラーファエル・ヒルシュなどがいた。

著作[編集]

  • Urschrift und Übersetzungen der Bibel(1857年)
  • Das Judentum und seine Geschichte(3巻、1865~71年)