アートギャラリー・オブ・オンタリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg アートギャラリー・オブ・オンタリオ
施設情報
正式名称 Art Gallery of Ontario
愛称 AGO
来館者数 878,478 (2009-10)[1]
開館 1900年
所在地
317 Dundas St W Toronto
位置 北緯43度39分14秒 東経79度23分34秒 / 北緯43.65389度 東経79.39278度 / 43.65389; 79.39278
ウェブサイト 公式ウェブサイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

アートギャラリー・オブ・オンタリオ[2](Art Gallery of Ontario)はトロントにある美術館である。日本では「オンタリオ美術館」とも。

沿革[編集]

入口のロゴ

アートギャラリー・オブ・オンタリオは1900年にアート・ミュージアム・オブ・トロント(Art Museum of Toronto)として創設された。1919年にアート・ギャラリー・オブ・トロント)と改名され、現在の「アートギャラリー・オブ・オンタリオ」となったのは1966年のことである。

フランク・ゲーリー設計で内装、外観を含めて拡張工事が行われ、2008年11月にリニューアル・オープンした。[3]

コレクション[編集]

紀元後100年頃から現代にいたるまでの芸術作品を80000点以上所蔵している。美術館の広さは45,000平方メートル (480,000 ft²)で、カナディアン・アートに関しては世界一の規模を誇る。コレクションの半分はカナダに関するもので、トム・トムソングループ・オブ・セブンエミリー・カーコルネリス・クリーゴフなどの作品も含んでいる。また、過去から現在までのイヌイットやカナダ原住民たちの作品も所蔵し、その中にはノルヴァル・モリソーw:Jackson Beardyw:Kenojuak Ashevakが含まれる。また、ヨーロッパのアートコレクションも豊富で、細密画や彫刻、中世やルネサンス時代の装飾美術、ティントレットルーベンストマス・ゲインズバラフランス・ハルスといった巨匠の絵画、またパブロ・ピカソオーギュスト・ロダンカミーユ・ピサロクロード・モネといった近代の画家達の作品もある。加えて北米の中では最も優れた部類に入るアフリカ美術のコレクションを擁している。その他フランツ・クラインマーク・ロスコアーシル・ゴーキーデヴィッド・スミスハンス・ホフマンジョアン・ミロマルク・シャガールアメデオ・モディリアーニマイケル・スノウジェネラル・アイデアクレス・オルデンバーグジェニー・ホルツァーも所蔵。ヨーロッパと北米の写真のコレクションは40,000点を超える。素描や版画もそろっており、ロバート・マザウェルのドローイング・コレクションは世界一である。ミケランジェロのスケッチ、ベティ・ゴールドウィンエゴン・シーレデヴィッド・ミルンフィンセント・ファン・ゴッホアンリ・マティスワシリー・カンディンスキーテオドール・ジェリコーポール・ゴーギャンも所蔵。彫刻ではヘンリー・ムーアのコレクションでも知られている。

参照[編集]

外部リンク[編集]