アン・マリー・スローター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アン・マリー・スローター(Anne-Marie Slaughter、1958年9月27日 - )は、アメリカ合衆国国際法学者国際政治学者プリンストン大学教授

経歴[編集]

米国人の父とベルギー人の母のもと、バージニア州シャーロッツビルで育つ。1980年プリンストン大学卒業後、1982年オックスフォード大学で修士号、1985年ハーバード大学法科大学院で法務博士号、1992年オックスフォード大学で博士号をそれぞれ取得。シカゴ大学ロースクール助教授・教授、ハーバード大学ケネディスクール教授などを経て、2002年からプリンストン大学教授。その後、2002年から2009年まで女性初のプリンストン大学ウッドロー・ウィルソン公共政策大学院院長、2009年1月から2011年2月までアメリカ国務省政策企画本部長を務めた。また、2002年から2004年まではアメリカ国際法学会会長を歴任。

夫はアンドリュー・モラフチークであり、2人の子供がいる。

著書[編集]

単著[編集]

  • A New World Order, (Princeton University Press, 2004).
  • The Idea that Is America: Keeping Faith with Our Values in a Dangerous World, (Basic Books, 2007).

共著[編集]

  • The New Challenges to International, National and Human Security Policy: A Report to the Trilateral Commission, with Carl Bildt and Kazuo Ogura, (Trilateral Commission, 2004).
  • The Crisis of American Foreign Policy: Wilsonianism in the Twenty-first Century, with G. John Ikenberry, Thomas J. Knock, and Tony Smith, (Princeton University Press, 2008).

共編著[編集]

  • The European Court and National Courts - Doctrine and Jurisprudence: Legal Change in its Social Context, co-edited with Alec Stone Sweet and J. H. H. Weiler, (Hart, 1998).
  • Legalization and World Politics, co-edited with Judith Goldstein, Miles Kahler, and Robert O. Keohane, (MIT Press, 2001).
  • The Methods of International Law, co-edited with Steven R. Ratner, (William S. Hein, 2005).

翻訳書[編集]

外部リンク[編集]