アンドレイ・ガチーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドレイ・ガチーナ
選手情報
生年月日 1986年5月21日(27歳)
最高世界ランク 36位
利き腕
グリップ シェークハンド
ラケット プリモラッツ・カーボン FL
戦型 ドライブ主戦型
フォア面ラバー ブライス(裏ソフト)
バック面ラバー スレイバーEL(裏ソフト)
テンプレートを表示

アンドレイ・ガチーナ(Andrej Gacina, 1986年5月21日- )はクロアチア卓球選手。

2009年1月時点での世界ランクは85位。ザグレブ在住。趣味水泳

略歴[編集]

クロアチア・ザダル出身。2008年には世界選手権広州大会にクロアチア代表として初出場している。チーム成績こそ20位に低迷したが、ルーマニア戦ではクリシャンに、イタリア戦ではボボチーカにそれぞれ勝利し、シュラガー馬琳からも敗れはしたものの1セット奪うなど個人としては活躍した。 その後はジャパンオープンにも出場し、日本戦では韓陽に勝利して追い詰められていたチームを救い、韓国戦では敗れはしたが、柳承敏にセットオールまで食い下がるなど活躍し、チームの準優勝に貢献した。また、同大会のシングルスでは塩野真人と対戦した。(結果は塩野の勝利)

ロンドンオリンピックシングルスにも出場。結果はベスト16であった。

プレースタイル[編集]

ヨーロッパの選手に多く見られるYGサービスからの展開を得意としており、パワー溢れる両ハンドを相手コートにねじ込む。 荒削りな部分も見受けられるが、ヨーロッパの数少ない若手有望株であり、プリモラッツの後継者として期待がかかる。

主な戦績[編集]

外部リンク[編集]