アンドラーシ・ジュラ (子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にジュラ・アンドラーシと表記することもあります。
アンドラーシ・ジュラ2世

アンドラーシ・ジュラ伯爵Andrássy Gyula, 1860年6月30日 - 1929年6月11日)は19世紀末から20世紀前半にかけてのハンガリーオーストリアオーストリア=ハンガリー二重帝国)の貴族伯爵)・政治家。二重帝国の共通外相を務めた。ドイツ名ユリウス(もしくはジュラ)・アンドラーシJulius (Gyula) Graf Andrássy der Jüngere)。「アンドラーシ・ジュラ2世」とも。

経歴[編集]

ハンガリー王国首相で二重帝国の共通外相も務めたアンドラーシ・ジュラの次男として生まれ、父と同じ名がつけられた。

1906年から1910年までハンガリー王国政府の内相を務め、第一次世界大戦末期の1918年10月末から11月初めまでのごく短期間、二重帝国の共通外相に就任して連合国との停戦に臨んだ。同年10月27日には、ウィルソン米大統領の覚書に応えてチェコスロヴァキアなど新国家の独立を受け入れそれらの国々との交渉する旨の申し出をおこなった。

クン・ベーラ政権時にはスイス亡命したが、後に帰国。1921年にはかつての皇帝カール1世ハンガリー王復位運動に関与し、これを実現しようとしたが失敗した。その後は『世界大戦前史』などの著作活動にいそしんだ。

参考文献[編集]

事典項目
単行書
先代:
シュテファン・ブリアン
オーストリア=ハンガリー帝国
共通閣僚評議会議長
(オーストリア外相)
1918年
次代:
ルートヴィヒ・フォン・フロトウ