アントニオ・デ・ポルトゥガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・デ・ポルトゥガル

アントニオ・デ・ポルトゥガル(António de Portugal, 1531年 - 1595年8月26日)は、ポルトガルの王族で王位請求者。ポルトガル王アントニオ1世と呼ばれることもある(名目上の在位もしくは王位請求期間:1580年 - 1583年)。ジョアン3世の弟でエンリケ1世の兄であるベージャ公ルイス庶子である。

クラト (Crato修道院長となっていたが、1578年にセバスティアン王が未婚のまま早世し、王位を継いだ叔父エンリケがすでに高齢の上に子供がなかったため、マヌエル1世の孫の一人であるアントニオは庶子にもかかわらず、他のいとこたちと共に王位継承候補者の一人となった。

1580年、民衆からポルトガル王に推挙されたが、スペインフェリペ2世の大軍とアルカンタラで会戦して敗退し、フランスへ亡命した。アゾレス諸島テルセイラ島で再起を図り、ブラジルの割譲を約束してフランスから援助を引き出した。

1582年、テルセイラ島沖のポンタ・デルガダの海戦で、サンタ・クルス侯アルバロ・デ・バサン指揮のスペイン海軍に敗退した。1589年、フランシス・ドレークの艦隊がガリシアからリスボンを攻撃したとき、この遠征に参加し、ポルトガル国民の蜂起を期待したが、応じる者はなかった。

その後、ハプスブルク家と敵対するフランスへ亡命し、自らの所有する宝石を売り払って糧としたがすぐに困窮し、最後はアンリ4世から提供されたつましい家で一生を終えた。死後、庶子の一人マヌエル(1568年 - 1638年)が引き続いてポルトガル王族としての地位を主張した。