テルセイラ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テルセイラ島
Terceira
Terceira Praia da Vitoria Portugal.jpg
プライア・ダ・ヴィトーリアの町
座標 北緯38度44分 西経27度19分 / 北緯38.733度 西経27.317度 / 38.733; -27.317 
面積 396.75 km²
最高標高 1023 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 ポルトガルの旗 ポルトガル
テンプレートを表示
テルセイラ島の位置
テルセイラ島

テルセイラ島 (Terceira) は大西洋上のアゾレス諸島の島、ポルトガル領。島の人口はかつて5万9千人ほどであったが、現在は 55,833 人。面積は396.75 平方キロメートルでアゾレス諸島中第3の大きさをもつ。火山島であり、島の最大海抜はセッラ・デ・サンタバールバラ山の 1023 メートル。 セッラ・デ・サンタバールバラ山は成層火山で、最近の噴火は2000年

主な街はアングラ・ド・エロイズモおよびその西に隣接するプライア・ダ・ヴィトリア。最大の街であるアングラ・ド・エロイズモは、かつてはアゾレス諸島の首都であった。中心部には、大聖堂をはじめ18世紀までに築かれた歴史的景観が残り、世界遺産に登録されている。現在もアゾレス地域圏の司法上の中心がおかれる。

主な産業はパイナップル栽培を中心とする農業。

地理[編集]

アゾレス諸島の中部群島を構成する。島は東西に 29 キロメートル、南北に 18 キロメートルの幅をもつ。美しい景観で知られる。島の西部は緑に富み、農業が盛ん。北部はセッラ・デ・サンタバルバラ山を中心とする火山地帯である。島南部のアングラ・ド・エロイズモには港と空港があり、ホルタおよびポンタ・デルガダへの定期便がある。

アングラ・ド・エロイズモの港は、現在はもっぱら地方の交通にのみ用いられているが、かつては大西洋上の中継地として重要な戦略拠点であった。現在もアングラ・ド・エロイズモには海軍軍司令部、海軍学校、米軍基地などの軍施設がおかれている。米軍基地はしばしば欧米首脳の会談地として登場する。

歴史[編集]

当初はブラジル島と名付けられた。最古の言及は1436年のヴェネツィア製の地図にみられ、"I. de Brazi" として登場する。ヨーロッパ中世の伝説の島ブラジルと同一視されたことがあるが、名前の由来はこの伝説の島ではなく、スオウノキのポルトガル名ブラジル(赤い木の意)によるものとされる。入植が進むにつれ、テルセイラ島と改名された。ブラジルの名は現在もアングラ・ド・エロイズモに隣接するブラジル山に残る。

アングラ・ド・エロイズモにはアゾレス諸島の首府がおかれ、海軍の拠点として軍隊が駐留し、カトリック教会司教座がおかれた。ポルトガル内戦においては、1830年から1833年まで、マリア2世の宮廷所在地となった。

1892年以降1906年まで、アゾレス諸島は三つの行政区に分割され、テルセイラ島は、サンジョルジェ島グラシオーサ島とともにアングラ行政区に編入された。首府はアングラ・ド・エロイズモにおかれた。

のちにアゾレス諸島全体がひとつの行政区に再編されると、アングラ・ド・エロイズモはその司法上の中心となった。

関連項目[編集]