グラシオーザ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラシオーザ島
Graciosa
Graciosa Azores SW.jpg
グラシオーザ島
座標 北緯39度01分 西経27度58分 / 北緯39.017度 西経27.967度 / 39.017; -27.967 
面積 60.84 km²
最高標高 402 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 ポルトガルの旗 ポルトガル
テンプレートを表示
グラシオーザの位置

グラシオーザ島Graciosagɾɐsi'ɔzɐ)は、ポルトガルアゾレス諸島の島。『白い島』として知られている。楕円形の島で、島全体が大きな成層火山である。島南部は、1.6kmの広さのカルデラが占めている。グラシオーザにある自治体は、サンタ・クルス・ダ・グラシオーザ1つのみで、人口は4,780人(2001年)である。

概要[編集]

グラシオーザは、1450年5月2日、モンテモル=オ=ヴェーリョ(現在コインブラ県の町)出身のヴァスコ・ジル・ソードレによって発見された。彼はテルセイラ島からやってきて、家族と共にグラシオーザへ定住した。

自然[編集]

グラシオーザとは、『魅惑的な』を意味する。島の光景は、村々と孤立した家々の白さが牧場の緑と混ざり合っている。肥沃な平地では多種の果物、ワイン、牧草だけで育ったウシ、賞を獲得したチーズなど、多くのものが生産されている。

ヴィラ・デ・サンタ・クルス近郊にある広大な面積は、岩だらけの形状をしており、クジラに似た形態を持つ。

火山によってできたグラシオーザ島は南部にきわだった起伏がある。カルデラの最高点は402mに達する。硫黄を含む洞窟フルナ・ド・エンソフレ(Furna do Enxofre)は、世界でも珍しい現象である。

ギャラリー[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]