タシギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タシギ
Gallinago gallinago 1 (Marek Szczepanek).jpg
タシギ Gallinago gallinago
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: タシギ属 Gallinago
: タシギ G. gallinago
学名
Gallinago gallinago
(Linnaeus, 1758)[2]
和名
タシギ(田鴫)
英名
Common snipe
亜種

タシギ(田鴫、学名:Gallinago gallinago)は、チドリ目シギ科タシギ属に分類される。タシギ属の模式種

分布[編集]

北アメリカ大陸南アメリカ大陸北部・南部、ユーラシア大陸アフリカ中部・南部、日本

ユーラシア大陸北部、北アメリカ大陸北部で繁殖し、冬季はヨーロッパ南部、アフリカ、中東、インド、東南アジア、北アメリカ大陸南部に渡り越冬する。

日本では、春と秋に渡りの途中に飛来する旅鳥、もしくは本州中部以南では越冬のため飛来する冬鳥

形態[編集]

体長は約27 cm翼開長は約43 cm[3]。頭部、胸部、背面は褐色に黒と白が混ざったような羽毛で覆われる。この体色は草の中では保護色になる。腹部の羽毛は白い。次列風切羽の先端部の羽毛は白い。尾羽は通常14枚。

嘴は長く、直線的。雌雄同色である[3]

生態[編集]

日本では、水田河川、内陸の湿地等に生息する。和名は田によくいることが由来[3]。単独で生活するが、10頭前後の小規模な群れを形成することもある。 繁殖期には、湿地、草原、湿ったツンドラなどに生息する。

食性は動物食の強い雑食昆虫類節足動物甲殻類種子等を食べる。主に夜間に採餌するが、安全な場所では昼間も行動する。

繁殖形態は卵生。乾いた地上に営巣し、通常4卵を産む。抱卵は雌のみが行い、抱卵日数は17-20日である。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
鳥綱 Aves
コウノトリ目 Ciconiiformes
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
シギ小目 Scolopacida
シギ上科 Scolopacoidea
シギ科 Scolopacidae
ヤマシギ亜科 Scolopacinae

亜種[編集]

亜種は2種ある[2]

  • Gallinago gallinago faeroeensis (C. L. Brehm, 1831)
  • Gallinago gallinago gallinago (Linnaeus, 1758) - タシギ、日本で最も一般的なシギ類[3]

種の保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)により、軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]

日本の以下の都道府県で、以下のレッドリストの指定を受けている[4]

日本で鳥獣保護法により狩猟鳥獣に指定されている[5]

人間との関係[編集]

フランス料理では食材として用いられる。

タシギは狩猟鳥に指定されており、狩猟の対象種である。大日本猟友会が発行している狩猟読本では、『骨が柔らかくその食味は正に焼鳥の王者である』の記述がある。 狙撃(スナイピング、sniping)はタシギ猟からの語源と言われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b IUCN 2011. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.2. (Gallinago gallinago)” (英語). IUCN. 2012年4月8日閲覧。
  2. ^ a b Tringa glareola (Linnaeus, 1758)” (英語). ITIS. 2012年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c d ひと目でわかる野鳥 (2010)、88頁
  4. ^ 日本のレッドデータ検索システム(タシギ)”. エンビジョン環境保全事務局. 2012年4月8日閲覧。
  5. ^ 狩猟制度の概要”. 環境省. 2012年4月8日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]