アロワナ上目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アロワナ上目
Honglongyu3.jpg
アジアアロワナ(Scleropages formosus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : アロワナ上目 Osteoglossomorpha
下位分類
本文参照

アロワナ上目: Osteoglossomorpha)は、硬骨魚類の分類群の一つ。アロワナ目およびヒオドン目が含まれる。ヒオドン目はかつてアロワナ目に含められていたが、Nelson(2006)により独立の目とされた[1]

概要[編集]

現生のアロワナ上目魚類ジュラ紀後期(約1億4千年前)には地上に出現していたことが化石記録からわかっており、新鰭亜綱の魚類としてはガー目アミア目に次いで古い系統である。

繁殖形態や初期生活史に特徴があり、多くの種類は何らかの子育てを行う。成魚には卵巣が左側にしかなく右側の卵巣は失われており、他の硬骨魚類にはほとんどみられない特徴となっている。ヒオドン属(ヒオドン目)と Pantodon 属(アロワナ目)は例外的に両側の卵巣をもち、子育ても行わない。

分類[編集]

現生のアロワナ上目はヒオドン目(1科1属2種)およびアロワナ目(4科28属218種)の2目を含む。アロワナ目にはかつてアロワナ亜目 Osteoglossoidei、ナギナタナマズ亜目 Notopteroidei の2亜目が下位分類として設置されていた。このほか、絶滅した分類群として2目6科が記載されている。

Allothrissopidae 科の1種(Thrissops formosus)の化石。本科魚類はジュラ紀前期から記録がある
Ichthyodectidae 科の1種(Xiphactinus audax)の化石。本科は白亜紀を中心に繁栄し、体長4mに達する大型の海水魚であった

参考文献[編集]

  1. ^ Nelson JS (2006). Fishes of the world (4th edn). New York: John Wiley and Sons.