アレクサンドロス2世 (エピロス王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドロス2世が描かれたコイン。裏面に描かれているのは槍と楯を持ったパラス・アテナ

アレクサンドロス2世ギリシャ語: Ἀλέξανδρος Β', ラテン文字転写: Alexandros II、在位:紀元前272年-紀元前255年)は紀元前3世紀エピロス王である。

アレクサンドロス2世は先代の王ピュロスシュラクサイ僭主アガトクレスの娘ラナッサとの息子である。ピュロスがタラスの要請を受けてイタリアに遠征した時、当時幼子だったアレクサンドロスは弟のヘレノスとともに同行した[1]。ピュロスの死後、王位についたアレクサンドロスは兵士の裏切りによってアンティゴノス2世からマケドニアを奪ったが、軍を再建したアンティゴノスの子デメトリオス2世に破れ、マケドニアどころかエピロスさえ失った[2]。しかし、アカルナニアに逃げたアレクサンドロスはアカルナニア人の助けを受けてエピロスを回復した[3]。その後、彼はアイトリア人と同盟してアカルナニアの諸都市を分け合い、領土を拡大した[4]

アレクサンドロスの死後、二人の息子ピュロス2世プトレマイオスが残されたが、彼らは子供だったため、成人するまでアレクサンドロスの姉妹で妻だったオリュンピアス後見人となって国の統治を引き受けた[5]

[編集]

  1. ^ ユスティヌス, XVII. 1
  2. ^ ユスティヌス, XXVI. 2
  3. ^ ibid, XXVI. 3
  4. ^ ポリュビオス, II. 45
  5. ^ ユスティヌス, XXVII. 1

参考文献および参考URL[編集]


先代:
ピュロス
エピロス王
紀元前272年-紀元前255年
次代:
ピュロス2世