ピュロス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピュロス2世(またはピュッロス2世:Πύρρος τηςΒ', ラテン文字転記:Pyrrhos II, 生没年不詳, 在位:紀元前255年 - 紀元前238年)はエピロス王である。

ピュロス2世は先代の王アレクサンドロス2世オリュンピアスの子で、次代の王プトレマイオスの兄である。子供としてはデイダメイア2世がいる。ピュロスが王位を継承した時、彼はまだ幼かったために母オリュンピアスの後見を受けた[1]。ピュロスが成長すると、オリュンピアスは政権をピュロスに返し、彼は親政を行った。

[編集]

  1. ^ ユスティヌス, XXVIII. 1

参考文献[編集]


先代:
アレクサンドロス2世
エピロス王
紀元前255年 - 紀元前238年
次代:
プトレマイオス