アレクサンダー・アフィノゲーノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

'アレクサンダー・ニコラエヴィチ・アフィノゲーノフ[注釈 1]ロシア語:'Алекса́ндр Никола́евич Афиноге́нов英語:Alexander Nikolayevich Afinogenov1904年4月4日旧暦:3月22日) - 1941年10月29日)は、ロシア[注釈 2]スコピン出身の劇作家。主著に『マーシェンカ』や『恐怖』がある。ロシアの写実的心理劇の発展に影響を与えた[1]として名高い。

生涯[編集]

1904年4月4日(旧暦:3月22日)、ロシアリャザン州のスコピンに生まれる。

1922年ソビエト連邦共産党に入党。1924年[注釈 3]ジャーナリズム学位を取ると共に劇作をはじめた。

当時の文化啓蒙組織であったプロレトクリトの影響を受け、プロレトクリトの演劇に関する書記として務めた。なお、プロレトクリトの書記としての活動は教条主義的演劇論を唱えるものであった[1]。劇作をはじめたアフィノゲーノフの初期の戯曲にはプロレトクリトの影響があってかステレオタイプな人物が描かれていた。

1930年にはロシアの新暦、旧暦思想問題を取り扱った作品『恐怖』はアフィノゲーノフの傑作である[2]。また、同様に新暦旧暦の思想問題を取り扱った作品に1929年に著された『変人』や1933年に著された『嘘』がある。

1935年、劇作『ダリョーコエ』が初演される。

1936年スペイン内戦に関する作品を発表する。

1940年には叙情喜劇『マーシェンカ』を著す。

1941年、『マーシェンカ』が初演される。

同年の1941年10月29日、モスクワドイツ軍空襲を受けて評論戯曲を20本近く著し[1]、37歳で亡くなる。

なお、モスクワのノヴォデヴィチ女子修道院en:Novodevichy Cemeteryには、アフィノゲーノフのがある。

注釈[編集]

  1. ^ 日本語ではAlexanderアレキサンダーとも表す。また、ロシア語の発音としてはアレクサンドルアレキサンドルとも表すが、本項目ではアレクサンダーと統一する。
  2. ^ 厳密に表現するのであればロシア帝国ソ連である。
  3. ^ 1923年とも。ロシアは旧暦新暦とあり、日本での表記はしばしば曖昧になるため下記の参考文献の西暦に従うものとする。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ a b c アフィノゲーノフとは - コトバンク、2012年12月26日閲覧。
  2. ^ 高津春繁・手塚富雄、西脇順三郎、久松潜一 『万有百科大事典 1 文学』 相賀徹夫、小学館〈日本大百科全書〉(原著1973年8月10日)、初版(日本語)、14ページ。

関連項目[編集]