バラバーシ・アルベルト・ラースロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にアルベルト・ラースロー・バラバーシと表記することもあります。

バラバーシ・アルベルト・ラースロー (Barabási Albert László) [ˈbɒrabɑ̈ːʃiˌɒrbɛrtˌlɑ̈ːsloː], 1967年3月30日 - ) は、ルーマニアトランシルヴァニアトリアノン条約でハンガリーから割譲)のセーケイ地方ハルギタ県カルツファルヴァ村またはカルツ村(ルーマニア語名 クルツァ村)生まれのセーケイ人ハンガリー人理論物理学者国籍ハンガリールーマニア米国三重国籍だが、民族籍はハンガリー人母語であるハンガリー語での氏名はバラバーシ・アルベルト・ラースロー (Barabási Albert László) である(ハンガリー人は姓を先に表記する)が、現在は米国で活躍していることと、日本では英語の著作を介して知られているため、日本ではアルバート=ラズロ・バラバシ (Albert-László Barabási) と言う米国風に姓名を名姓の順に倒置し、発音も英語風にしたカタカナ表記が多く見られる。ハンガリー語の愛称はラツィ (Laci) [ˈlɒt͡si]

父方の祖父はバラバーシ・アルベルト (Barabási Albert) [ˈbɒrabɑ̈ːʃiˌɒrbɛrt]、父は歴史学者で博物館長のバラバーシ・ラースロー (Barabási László) [ˈbɒrabɑ̈ːʃiˌlɑ̈ːsloː]、母のケレステシュ・カタリン (Keresztes Katalin) [ˈkeresteʃˌkɒtɒlin] はハンガリー語の教諭で子ども劇場の演出家だった。妹にミクローシュ・リーヴィア (Miklós Lívia) [ˈmikloːʃˌliːviɒ] とバラバーシ・ユリアンナ (Barabási Julianna) [ˈbɒrabɑ̈ːʃiˌjuliɒnnɒ] がいる。

チークセレダ市のマールトン・アーロン高等学校在学中は彫刻家を目指していたが、物理の高校生コンテストで優勝したこともあり、1986年から1989年に掛けてブカレスト大学の物理・工学科に学び、その後、ハンガリーエトヴェシュ・ロラーンド大学大学院にてフラクタル理論に関する学位論文で修士号を取得。1994年アメリカ合衆国ボストン大学理学博士号を取得。米国IBMT.J.ワトソン研究センター研究員を経て、現在アメリカ合衆国ノートルダム大学物理学教授。

2003年よりアメリカ物理学会会員、2004年よりハンガリー科学アカデミー国外会員、2007年より欧州アカデミー会員。

インターネットから細胞化学反応まで、複雑なネットワークに共通して見られるつながりの構造発見で注目を浴びる。

関連項目[編集]

著書[編集]

主要論文[編集]

  • Barabási, A.-L., and Albert, R., "Emergence of scaling in random networks", Science 286, pp. 509-512 (1999)
  • Barabási, A.-L., Albert, R., Jeong, H., Bianconi, G. "Power-law distribution of the World Wide Web", Science 287, pp. 2115 (2000)
  • Albert, R. et al., "Error and attack tolerance of complex networks", Nature 406, pp. 378-382 (2000)
  • Jeong, H., Tombor, B., Albert, R., Oltvai, Z., Barabási, A.-L. "The large-scale organization of metabolic networks", Nature 407, pp. 651-655 (2000)
  • Barabási, A.-L., Oltvai, Z. N. "Network Biology: Understanding the Cell's Functional Organization", Nature Reviews Genetics 5, pp. 101-113 (2004)

受賞[編集]

外部リンク[編集]