アリス・クレイプール・グウィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仮装舞踏会で「電気照明(electric light)」に扮したアリス・ヴァンダービルト、1883年3月26日撮影

アリス・クレイプール・グウィン・ヴァンダービルトAlice Claypoole Gwynne Vanderbilt, 1845年 シンシナティ - 1934年4月23日 ニューヨーク)は、アメリカ合衆国ソーシャライトニューヨーク・セントラル鉄道の社主コーネリアス・ヴァンダービルト2世の妻。

弁護士のエイブラハム・グウィン(Abraham Gwynne)とその妻のレイチェル・フラッグ(Rachel Flagg)の娘として、オハイオ州シンシナティで生まれ育った。ニューヨークに移った後、サント・バーソロミュー監督派教会(St. Bartholomew's Episcopal Church)の日曜学校で、大富豪ヴァンダービルト家の御曹司コーネリアス・ヴァンダービルト2世と知り合い、1867年に結婚した。

アリスは夫がロードアイランド州ニューポートに夏の別邸ブレーカーズを建てるうえで、重要な役割を果たした。アリスは自分の先祖である最初期の入植者たちが住んだニューポートに深い思い入れがあり、別荘の建設地としてこの町を希望したのである。彼女の先祖にはロードアイランド州の建設者で神学者のロジャー・ウィリアムズ、ロードアイランド州知事のサミュエル・ウォードがいた。また、アリスの母方の親族フラッグ家の代々の墓地もニューポートの共同墓地にあった。

夫とともにYMCA赤十字救世軍などのプロテスタント系の慈善事業に関わり、また早世した長男のウィリアム・ヘンリー(2世)が在籍していたイェール大学に多額の寄付を行い、同大学にヴァンダービルト・ホール(Vanderbilt Hall)を造らせた。夫が1899年に死去した後、当主の寡婦として35年のあいだヴァンダービルト家に君臨した。

子女[編集]

夫との間に4男3女の7人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • Vanderbilt, Arthur T., II (1989). Fortune's Children: The Fall of the House of Vanderbilt. New York: Morrow. ISBN 0688072798.