グラディス・ヴァンダービルト・セーチェーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラディスと夫のセーチェーニ伯爵、1908年

グラディス・ムーア・ヴァンダービルト:Gladys Moore Vanderbilt, 1886年8月27日 ニューポート - 1965年1月29日 ワシントンD.C.)は、アメリカ合衆国の富豪でオランダ系ヴァンダービルト家の一員で、ハンガリー貴族のセーチェーニ・ラースロー伯爵の妻。アメリカの鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルトの曾孫の1人。結婚後はグラディス・セーチェーニ・デ・シャールヴァール=フェルシェヴィデーク:Gladys Gräfin Széchenyi de Sárvár-Felsövidék)と呼ばれた。

生涯[編集]

ニューヨーク・セントラル鉄道の総帥コーネリアス・ヴァンダービルト2世と、その妻のアリス・クレイプール・グウィンの間の第6子、末娘として生まれた。姉のガートルード・ヴァンダービルト・ホイットニーホイットニー美術館の創立者として知られる。ニューヨークマンハッタン5番街にある本邸と、ロードアイランド州のニューポートにある一族の夏の別邸ブレーカーズを行き来しながら育った。家庭教師による教育を受けた後、ニューヨークの上級階級の娘たちが通うブレアリー校(Brearley School)で学んだ。

1908年1月27日にニューヨークにおいて、ハンガリー貴族のセーチェーニ・ラースロー伯爵(László Graf Széchenyi de Sárvár-Felsövidék, 1879年 - 1938年)と結婚した。夫はハンガリー国立図書館の創立者セーチェーニ・フェレンツ伯爵の曾孫だった。当時、アメリカ人億万長者の令嬢とヨーロッパ人貴族の御曹司との結婚は広く行われており、グラディスの従姉コンスエロ・ヴァンダービルトも1895年にイギリス貴族の第9代マールバラ公爵と結婚していた。

伯爵夫妻は5人の娘に恵まれた。長女のコルネリア(1908年 - 1958年)はアメリカ人男性と結婚したものの、次女のアリス(1911年 - 1974年、)はハーディク・デ・フタク伯爵夫人、三女のグラディス(1913年 - 1978年)は第15代ウィンチェルシー伯爵夫人、四女のシルヴィア(1918年 - 1998年)はサーパリ・デ・ムラソンバト伯爵夫人、五女のフェルディナンデ(1923年 - )はエルツ伯爵夫人と、ほとんどがヨーロッパの名門貴族に嫁いだ。

伯爵夫妻は旅行を好み、ヨーロッパ中を旅して、果てはエジプトまで訪れた。こうした旅行の中で、グラディスはオーストリア=ハンガリー帝国の帝位継承者フランツ・フェルディナント大公の妻、ホーエンベルク公爵夫人ゾフィーと親友になった。グラディスは夫とともに、フランツ・フェルディナント大公夫妻の居城であるトリエステミラマーレ城の常連の賓客となった。

第1次世界大戦中、グラディスは兵士の遺族救済基金の資金集めに奔走した。また専門知識が無いながらも、西部戦線でラザロ会所属の従軍看護婦として働いた。このときの功績により、大戦後にフランス政府よりゲール十字勲章を授けられた。1938年に夫と死別した後は公的生活から引退し、1965年に心筋梗塞によりワシントンD.C.で死去した。

参考文献[編集]

  • Arthur T. Fortune: The Fall of the House of Vanderbilt, New York: William Morrow & Co. (1989)

外部リンク[編集]