アリアン1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリアン1

アリアン I(Ariane 1)はアリアンシリーズの最初のロケットである。

詳細[編集]

打ち上げ時の重量は210,000 kg、アリアンIは静止軌道に最大1850kgの1機若しくは小型の衛星2機を投入できる。以前、ヨーロッパ各国が共同開発していたヨーロッパロケットの経験を基にフランス主導で開発された。

アリアンIは3段式のロケットである。

この設計はアリアン4まで受け継がれた。

打ち上げの歴史[編集]

1979年12月24日南米フランス領ギアナクールーから打ち上げに成功した。2回目は1980年、第一段エンジンのバイキングエンジンの一基が不安定燃焼のために失敗した。 3回目の打ち上げは成功し、3基の衛星を軌道に投入し、最後の打ち上げ試験となる4回目の打ち上げも成功した。

次の最初の商業的な打ち上げは打ち上げ7分後に3段のエンジンのターボポンプが故障したため失敗した。次の6回の打ち上げは全て成功した。

1985年7月2日、アリアンIの10回目の打ち上げでハレー彗星探査機ジオットの打ち上げに成功した。

民間に衛星写真を提供するSPOTの初号機は1986年2月22日にアリアンIとしては最終の打ち上げとなる11回目の打ち上げで軌道投入に成功した。