アラスカ航空261便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アラスカ航空 261便
Airplane animation 261 still lg.PNG
出来事の概要
日付 2000年1月31日
概要 整備不良による水平安定板の故障
現場 太平洋
乗客数 83
乗員数 5
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 88
生存者数 0
機種 マクドネル・ダグラスMD-83
運用者 Flag of the United States.svgアラスカ航空
機体記号 N963AS
261便最期までの航跡図

アラスカ航空261便墜落事故(英語:Alaska Airlines Flight 261)とは2000年1月31日アメリカ合衆国西海岸沖で発生した航空事故である。後に水平安定板の故障が事故の原因と断定された。

事故の概要[編集]

2000年1月31日アラスカ航空261便はマクドネル・ダグラスMD-83機体記号:N963AS、1992年製造)で運航されていた。フライトプランではメキシコプエルト・ヴァリャルタ国際空港を出発しサンフランシスコ国際空港経由でシアトルに向かうはずであった。13時37分(PST、アメリカ太平洋標準時)に出発した。

離陸上昇中の高度6,200フィートオートパイロットをセットした。しかし、設定上昇率が得られないためにオートパイロットを解除して手動操縦で上昇を続けた。その後高度31,000フィート(およそ9,500メートル)で水平飛行に移ったが、トリム操作をいくら行っても高度を維持するためには絶えず10ないし20 kgで操縦桿を引いていなければならない状態が続いた。およそ2時間後の15時46分ごろ、操縦桿を引かなくてはならない力が5 kgを下回るようになったので、再びオートパイロットをセットした。この段階ですでにコックピットとアラスカ航空の運航管理者およびメンテナンス担当者の間で社内無線によるやり取りが行われており、水平安定板が正常に動いていないことが認識されていた。機長は現在位置から近く、かつアラスカ航空のメンテナンス施設があるロサンゼルス国際空港 (LAX) へのダイバートを主張したが、運航管理者は本来の目的地であるサンフランシスコ (SFO) まで飛行することを希望した。

16時9分、さらなるチェックをしようとオートパイロットを解除したところ、水平安定板の急激な動きを知らせる警報音とともに突然急降下が始まった。操縦士らの懸命な操縦で80秒後になんとか安定を取り戻した時にはおよそ8,000フィート降下していた。このときの回避操作では操縦桿を60 kg 以上の力で引く必要があった。この急降下で LAX への緊急着陸が決定的になり、着陸準備を始めた16時19分、衝撃音とともに再び猛烈な機首下げになり、ついには完全に裏返し状態になるなどコントロールを失い、16時21分、カリフォルニア州アナパカ島の北およそ4.3キロメートルの太平洋上に墜落した。乗客83名と乗員5名の88名全員が死亡した。

事故原因[編集]

ねじ山が巻きついている事故機のアクメ・スクリュー

事故はスタビライザートリムの故障が引き金となったが、墜落を起こした261便の機体のスタビライザートリムそのものに大きな損傷はなかったことから、航空業界ではそれほど注目されていなかった。しかし墜落現場から回収された部品のうちアクメ・スクリューとナットには磨耗を防ぐための潤滑油が無かったことから、使用によりナットが急激に磨耗して引きちぎれたねじ山がアクメ・スクリュー(台形ねじ)に巻きついていた。そのため事故原因は不適切なメンテナンスが招いたものと断定された。水平安定板の潤滑油の検査間隔がメーカー推奨の600時間に対してアラスカ航空では2500時間となっていたため261便に使用されていた機体の水平安定板は油切れを起こしていた。また動かなくなった水平安定板が一時的に動き出したのはトリムモーターをパイロットが作動させたことが要因だが、主モーターだけでは出力が足りなかったため、その後に副モーターも同時に起動させたことによりボルトへの機械的な過負荷が生じ、トルク・チューブが疲労破壊を起こし、溝が削り取られボルトに線状に絡みついた。その結果、宙に浮いたボルトを支えるものが無くなり、続けて水平安定板が大きく立ち上がり、機首が下方向に固定された状態となりそのまま墜落した。

仮説として最初に水平安定板が動かなくなった時点で離陸した空港へ引き返していれば、最悪の事態は避けられたとの意見もあったが、事故報告書ではいたしかたないことであるとしている。これはMD-83には緊急着陸のための燃料放出装置が装備されておらず、巡航飛行も可能であったため回復不可能な故障まで進行するとは認識していなかったためである。

事故の背景[編集]

アラスカ航空は1990年代中盤から他社との競争の中で収益力の低下に悩まされていた。このため、1990年代後半に入ると既存の機体数で運行本数を増やして収益を上げる経営を行っていた。しかし、飛行時間や飛行回数によって定期的に部品を交換しなければならないメンテナンスはコスト増加の原因になるとして、メーカーマニュアルよりも著しく緩い独自点検マニュアルを整備するに至った。また、運行本数を増やした一方で機体数とメンテナンス人員は増やさなかったことから、メンテナンス時間を十分に取れなかった。現場ではメンテナンスが時間に追われるようになり、必要最低限にも満たないメンテナンスしか行える状況ではなく、現場では日常的に独自マニュアルに従った点検整備を改ざんするなどし、実際にはメンテナンスを行っていない機体が客を乗せ空を飛んでいた。

1998年に、アラスカ航空のメンテナンスチーフは、連邦航空宇宙局へアラスカ航空のメンテナンスの実態について内部告発を行った。連邦航空宇宙局はアラスカ航空の家宅調査を行い、アラスカ航空を刑事告発するに至った。しかし、アラスカ航空の有罪は認められず、多数の規定違反があったということでの罰金の支払いのみで終了した。アラスカ航空は、内部告発者に対して強制的に有給休暇を取得をさせるなど制裁的措置を行い、内部告発者は経済的に困窮することとなった。

参考文献[編集]

作品[編集]

事故状況やその原因などに多くの共通点が見られる映画
シーズン1の4話目『操縦不能』で261便の事故が使われた

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度03.5分 西経119度20.8分 / 北緯34.0583度 西経119.3467度 / 34.0583; -119.3467