アメリカヒドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカヒドリ
Anas americana FWS.jpg
アメリカヒドリ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
: マガモ属 Anas
: アメリカヒドリ
A. americana
学名
Anas americana
Gmelin, 1789
和名
アメリカヒドリ
英名
American Wigeon

アメリカヒドリ(アメリカ緋鳥、学名:Anas americana)は、カモ目カモ科に分類される鳥類の一種である。淡水鴨の一種。和名はアメリカ産のヒドリガモの意味。近縁種のヒドリガモとは雑種を作る。

分布[編集]

北アメリカ中部から北部で繁殖し、冬季は北アメリカ南部から中央アメリカ、西インド諸島に渡り越冬する。東シベリアの一部の地域でも繁殖しているといわれるが、詳細は不明。

日本へは数少ない冬鳥として毎年渡来するが、1-数羽での渡来がほとんどである。記録は、北海道から南西諸島まで各地である。たいていヒドリガモの群れに混じっている。

形態[編集]

体長45-56cm。翼開長76-89cm。雄成鳥は額から頭頂にかけてが淡いクリーム色で眼から後頭部にかけてが光沢のある緑色。眼の周囲は黒い。頬は黒褐色。胸から脇は赤褐色で下尾筒は黒い。雌成鳥は全体が褐色で、顔の部分がやや灰色がかっているが、ヒドリガモの雌との識別は難しい。嘴は雌雄とも青灰色で先端が黒い。前述のように、ヒドリガモとの雑種も見られるので、識別には注意が必要。

生態[編集]

越冬地では湖沼、河川、内湾などに生息する。ヒドリガモよりも淡水域を好む傾向がある。

食性は植物食。水面に浮かぶ植物性の葉や茎・根・種等を採食する。

繁殖形態は卵生。水辺からやや離れた草地などに営巣し、1腹7-9個の卵を産む。抱卵日数は24-25日である。

参考文献[編集]

  • 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、108頁
  • 小林桂助 『標準原色図鑑 全集 鳥』、保育社、1967年、65頁
  • 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版、2000年、125頁
  • 『世界の動物|分類と飼育 ガンカモ目』、財団法人東京動物園協会、1980年、50-51頁


関連項目[編集]