アメジストニシキヘビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメジストニシキヘビ
Amethystine Python.jpg
アメジストニシキヘビ Morelia amethystina
保全状況評価
ワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ニシキヘビ科 Pythonidae
: オマキニシキヘビ属
Morelia
: アメジストニシキヘビ
M. amethystina
学名
Morelia amethystina
(Schneider, 1801)
和名
アメジストニシキヘビ
英名
Amethystine python

アメジストニシキヘビMorelia amethystina)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目ニシキヘビ科オマキニシキヘビ属に分類されるヘビ。特定動物

分布[編集]

オーストラリア北部、ニューギニア島

形態[編集]

全長300-700cmで、最大では860cmの記録がある。オマキニシキヘビ属最大種。体形は細長い。体色は、光沢を帯びた褐色で、模様は無紋に近いものから、網目模様や横帯模様など、個体によって変異が大きい。

頭部は大型で、頸部は細い。

生態[編集]

森林や水辺に生息する。特に水辺を好む。

食性は動物食で、鳥類哺乳類を食べる。繁殖形態は卵生。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。

大型種のうえに非常に神経質で、攻撃的で人に慣れにくい。そのため動物愛護法によって特定動物に指定され、飼育には地方自治体の許可が必要。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • クリス・マティソン 『ヘビ大図鑑』、緑書房、2000年、151頁。
  • 山田和久 『爬虫・両生類ビジュアルガイド ヘビ』、誠文堂新光社、2005年、65頁。

外部リンク[編集]