オマキニシキヘビ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オマキニシキヘビ属
Morelia spilota variegata 2.jpg
カーペットニシキヘビ Morelia spilota
保全状況評価
 (ワシントン条約附属書II)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
上科 : ムカシヘビ上科 Henophidia
: ニシキヘビ科 Pythonidae
: オマキニシキヘビ属 Morelia
Gray, 1842

オマキニシキヘビ属(尾巻錦蛇属、Morelia)は、爬虫綱有鱗目ヘビ亜目ニシキヘビ科ボア科ニシキヘビ亜科とする説もあり)に属する属。

分布[編集]

インドネシアオーストラリアパプアニューギニア

形態[編集]

最大種はアメジストニシキヘビで最大全長860cm。

緑一色の種や虹色の光沢を持つ種等主にニシキヘビとして知られる体色をした種は少ない。また島嶼に分布するためか地域により体形や体色の変異が大きい。樹上棲傾向が強いためか体形は細い種が多い。樹上棲で動きが素早かったり飛んでいる獲物を逃がさないためか顎の筋肉が発達しており、後頭部が盛り上がっている。

生態[編集]

熱帯雨林等の森林に生息する。多湿な環境を好む傾向がある。樹上棲ないし半樹上棲だが、樹上棲の強いミドリニシキヘビでも夜間に獲物を探すため地上に降りる。

食性は動物食で爬虫類、鳥類哺乳類等を食べる。 繁殖形態は卵生。

分類[編集]

人間との関係[編集]

ベーレンニシキヘビは生息地の一部では神として崇められている。

アメジストニシキヘビは日本では特定動物に指定されている。アメジストニシキヘビは細身で飼育下ではまず巨大化することは無いが、大型の鳥類も捕食しまた性質が神経質なために指定されていると思われる。性質は総じて荒い種が多く(カーペットニシキヘビは大人しい個体も多いが、立体的なレイアウトにすると気が荒くなるとされる。)前述のように顎の筋肉が発達しているため、あまり触れ合いを楽しむタイプの動物ではない。

画像[編集]

関連項目[編集]