アブドゥル・ラフマーン・スーフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『星座の書』のアンドロメダ座の図(1009年 - 1010年頃作成された現存最古写本)

アブドゥル・ラフマーン・アル・スーフィーペルシア語:عبدالرحمن صوفی、アラビア語 ابو الحسين عبد الرحمن بن عمر الصوفي الرازي Abū-al Husayn ‘Abd-al Rahmān b. ‘Umar al-Ṣūfī al-Rāzī903年12月7日 - 986年5月25日)は、ブワイフ朝時代に活躍した天文学者である。現在のイランの首都テヘランの前身であるレイ出身。著書は『星座の書』、『アストロラーベの使用法』など。ラテン語文献ではアゾーフィAzophi)として表れる。

人物[編集]

ブワイフ朝初期の君主アズド・アッダウラ(在位:949年 - 986年)の治世に活躍し、宮廷天文学者として仕えた。イスファハーンにおいて、プトレマイオスの著書『アルマゲスト』の研究と翻訳に携わり、また9世紀はじめの天文学者ヤフヤー・ブン・アビー・マンスール Yahyā b. Abi Manṣūrバッターニー Abū ‘Abd Allāh Muhammad al-Battānī の業績や彼らの編纂した天文表(ズィージ)などを研究し、天体観測から得られたデータをもとにこれらの批判や検証を行った。

主著として『星座の書』(Kitāb Ṣuwar al-Kawākib al-Thābita)や『アストロラーベの使用の書』(Kitāb ‘Amal bi'l-Asṭurlāb)などがある。特に『星座の書』は『アルマゲスト』の恒星表を独立した書物にまで発展させたもので、さらに星についてのアラブの民間伝承も盛り込みいわゆるトレミーの48星座アラビア語による名称を記し、星座の個々の星について光度や位置関係などを、1)文章による解説、2)リスト、3)星座の絵図にして説明した類い稀な書物である。

また、アラビア半島南部に赴き、ヨーロッパアレクサンドリアからは観測不可能な大マゼラン銀河を観測し、それを記録に残した最初の天文学者になった。

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 鈴木孝典「アブドゥッラハマーン・スーフィーの『星座の書』における「オリオン座」および「おおいぬ座」・「こいぬ座」の記述」『東海大学文明研究所紀要』13、1993年(平成5年)。
  • 鈴木孝典「アブドゥッラフマーン・スーフィー」『岩波 イスラーム辞典』岩波書店、2002年(平成14年)。
  • 矢島祐利『アラビア科学史序説』岩波書店、1977年(昭和52年)。193-194頁。

関連項目[編集]