アブドゥルアズィーズ・ハキーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブドゥルアズィーズ・ハキーム、2005年

アッ=サイイド・アブドゥルアズィーズ・アル=ハキームアラビア語: السيد عبد العزيز الحكيم , 1953年? - 2009年8月26日)は、シーア派十二イマーム派)に属するイラクの政治家。

人物[編集]

シーア派系政治組織イラク・イスラム革命最高評議会の指導者で、イラク人による暫定統治を担うイラク統治評議会の議員。

ナジャフ生まれ。預言者ムハンマドの子孫として尊敬を受けるサイイドの家系で、イラクのシーア派の高位法学者を代々輩出したハキーム家の出身。父サイイド・ムフシン・ハキームは十二イマーム派の最高位法学者「マルジャエ・タクリード」を務めていた。

アブドゥルアズィーズは、兄ムハンマド・バーキル・ハキームとともにサッダーム・フセイン政権の抑圧を避けてイランで反体制活動を行ってきた。2003年イラク戦争でサッダーム政権が倒れたのをきっかけにイラクに帰国して政治活動に入り、統治評議会の議員に就任。8月に兄ムハンマド・バーキルが暗殺された後、兄にかわってイラク・イスラム革命最高評議会の指導者となった。

2003年12月には、統治評議会メンバーの輪番による議長を務めた。

2009年8月26日、癌のため逝去[1]

脚註[編集]

  1. ^ Abdul Aziz al-Hakim Passes Away FARS NEWS 2009年8月26日