アフリカマメガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフリカマメガン
African Pygmy Goose.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カモ目 Anseriformes
: カモ科 Anatidae
亜科 : カモ亜科 Anatinae
: マメガン属 Nettapus
: アフリカマメガン N. auritus
学名
Nettapus auritus
(Boddaert, 1783)
和名
アフリカマメガン
英名
African Pygmy Goose

アフリカマメガン(阿弗利加豆雁、学名:Nettapus auritus)は、カモ目カモ科に分類される鳥類。

分布[編集]

南部アフリカの北東部(モザンビークジンバブエ)、マダガスカル島

形態[編集]

特徴は写真参照。

生態[編集]

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
カモ下目 Anserides
カモ亜科 Anatinae
ガン族 Anserini

Clements分類上の位置[編集]

Clements鳥類分類

保護の現状[編集]

国際自然保護連合(IUCN)は軽度懸念(Least Concern)と評価している。本種にはアフリカ・ユーラシア渡り性水鳥の保全に関する協定AEWA)が適用される。

参照・注釈[編集]

  1. ^ Nettapus auritus (Species Factsheet by BirdLife International)

外部リンク[編集]

関連[編集]