アドヴァンス・オーストラリア・フェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
英語: Advance Australia Fair
和訳例:進め 美しのオーストラリア

国歌の対象
オーストラリアの旗 オーストラリア

作曲 1878年
採用時期 1984年4月19日
試聴
テンプレートを表示

アドヴァンス・オーストラリア・フェア英語: Advance Australia Fair、進め 美しのオーストラリア(すすめ うるわしのおーすとらりあ))はオーストラリア国歌

歴史[編集]

ピーター・ドッヅ・マコーミックにより1878年に創られ、同年11月30日(聖アンデレの日)にシドニー、Highland Societyでアンドリュー・フェアファクスによって初演された。間もなく人気を博し、1901年オーストラリア連邦発足式で1万人の合唱が行われた。1907年にオーストラリア政府は創作を讃えマコーミックに100ポンドを授与した。

国歌に認定されるまでこの曲は様々な機会に使われていた。例えば、第二次世界大戦時は国営放送オーストラリア放送協会(ABC)はニュースの時に使った。また公の行事の開始、終了時に演奏された。

1974年に意見投票(オーストラリア統計局により6万人)が行われ、国歌として最適であるとされた。

1977年の国民投票で、この曲が他の3つを上回った。

  1. 「アドバンス・オーストラリア・フェア」(43.6%)
  2. ワルチング・マチルダ」(28.5%)
  3. 当時の国歌「女王陛下万歳」(18.7%)
  4. 「ソング・オブ・オーストラリア」(9.7%)

1984年4月19日ボブ・ホーク首相の労働党政権によって国歌に決定され、総督の公式な宣誓を待った。

批評[編集]

この歌はたまに平凡、ぱっとしないなどと言われ議論される。また他の歌、特に「ワルチング・マチルダ」に比べて人気がない、よく知られていないことも批判される。

シドニーオリンピック開会式では多くの観衆が2番の歌詞を知らなかった。

代替案[編集]

他の曲も愛国的な歌として認知されている。

  • "I Still Call Australia Home", by ピーター・アレン, Peter Allen、ポップバラード
  • "Down Under", Men At Work(バンド)、レゲエ風ロック
  • "I Am Australian", Bruce Woodley(The Seekersのメンバー)

2004年大晦日の祝典でシドニー市長クローヴァー・ムーア Clover Moore がこの曲のダンスリミックスに「ワルチング・マチルダ」の歌詞を乗せて演じ、複雑な反応を得た。以前には2003年にコメディアンのアダム・ヒルズにより、Jimmy barnesの "Working Class Man"にこの曲の歌詞をのせて発表された。

「ワルチング・マチルダ」は110年前からのオーストラリアの思想の一角をなすとして、今でも特に評価され、「ワルチング・マチルダ」の方が良いとも評される。多くの外国人は単純にこの歌を国歌だと思う。歌詞は、放浪の身の労働者が羊を盗んで食べてしまい、警察と地主から逃げるために池に入水すると言うもので、国歌にはふさわしくない内容とも思われるが、スワッグマン(swagman)の空想的な人物像、危なっかしい存在性、権威に対する頑な挑戦、荒野に生きる労働者階級であることなどを長年オーストラリア人は愛してきた。

歌詞[編集]

国歌に採用される際にイギリスの事が歌われるオリジナルの2番、4番、5番の歌詞は省かれ、3行が男女公平な言葉(例えば、who←he/she)に、「若い連邦 (youthful Commonwealth)」という言葉も見直された。


公式版

1番
Australians all let us rejoice,
For we are young and free;
We've golden soil and wealth for toil,
Our home is girt by sea;
Our land abounds in Nature's gifts
Of beauty rich and rare;
In history's page, let every stage
Advance Australia fair!
In joyful strains then let us sing,
"Advance Australia fair!"
2番
Beneath our radiant Southern Cross,
We'll toil with hearts and hands;
To make this Commonwealth of ours
Renowned of all the lands;
For those who've come across the seas
We've boundless plains to share;
With courage let us all combine
To advance Australia fair.
In joyful strains then let us sing
"Advance Australia fair!"


和訳詞

1番
全てのオーストラリア人よ 喜ぼう
我らは 若くて自由
労苦に代わる黄金の土地と 富を持つ
我らが故郷は 海に囲まれ
大地は自然の恵みに 溢れんばかり
豊かで稀有な 美しき自然
歴史のページの あらゆる舞台に
美しのオーストラリアよ 進め!
楽しい調べで さあ 歌おう
「進め 美しのオーストラリア!(アドヴァンス・オーストラリア・フェア!)」
2番
眩いばかりの 南十字星のもと
我ら 全身全霊を捧げ 働く
我らが連邦国家をば 取り分け
名だたる国と するために
我ら 海を渡ってきた人々と
限りない平原を 分かち持つ
勇気を持って 団結しよう
美しのオーストラリアへ進むため
美しい調べで さあ 歌おう
「進め 美しのオーストラリア!(アドヴァンス・オーストラリア・フェア!)」


マコーミックのオリジナル版[編集]

1番
Australia's sons let us rejoice,
For we are young and free;
We've golden soil and wealth for toil,
Our home is girt by sea;
Our land abounds in Nature's gifts
Of beauty rich and rare;
In history's page, let every stage
Advance Australia fair!
In joyful strains then let us sing,
"Advance Australia fair!"
2番
When gallant Cook from Albion sail'd,
To trace wide oceans o'er,
True British courage bore him on,
Till he landed on our shore.
Then here he raised Old England's flag,
The standard of the brave;
With all her faults we love her still,
"Britannia rules the wave!"
In joyful strains then let us sing
"Advance Australia fair!"
3番
Beneath our radiant southern Cross,
We'll toil with hearts and hands;
To make this youthful Commonwealth
Renowned of all the lands;
For loyal sons beyond the seas
We've boundless plains to share;
With courage let us all combine
To advance Australia fair.
In joyful strains then let us sing
"Advance Australia fair!"
4番
While other nations of the globe
Behold us from afar,
We'll rise to high renown and shine
Like our glorious southern star;
From England, Scotia, Erin's Isle,
Who come our lot to share,
Let all combine with heart and hand
To advance Australia fair!
In joyful strains then let us sing
"Advance Australia fair!"
5番
Shou'd foreign foe e'er sight our coast,
Or dare a foot to land,
We'll rouse to arms like sires of yore
To guard our native strand;
Britannia then shall surely know,
Beyond wide ocean's roll,
Her sons in fair Australia's land
Still keep a English soul.
In joyful strains then let us sing
"Advance Australia fair!"

宗教的機会の版[編集]

3番にキリスト教の歌詞を持つ非公式版の「アドバンス・オーストラリア・フェア」。宗教的な機会、例えば2005年7月10日、シドニー、St. Andrew's Cathedralでの特別礼拝で、首相ジョン・ハワード列席で演奏された。

1番
Australians all let us rejoice, for we are young and free;
We've golden soil and wealth for toil, our home is girt by sea;
Our land abounds in Nature's gifts of beauty rich and rare;
In history's page, let every stage Advance Australia fair!
In joyful strains then let us sing Advance Australia fair!
2番
Beneath our radiant southern Cross, we'll toil with hearts and hands;
To make this Commonwealth of ours, renowned of all the lands;
For those who've come across the seas, we've boundless plains to share;
With courage let us all combine, to Advance Australia fair.
In joyful strains then let us sing Advance Australia fair!
3番
With Christ our head and cornerstone, we'll build our nation's might
Whose way and truth and light alone, can guide our path aright
Our lives, a sacrifice of love reflect our Master's care,
With faces turned to heaven above, Advance Australia Fair.
In joyful strains then let us sing, Advance Australia Fair.

この版がオリジナルと見られる事もあるが、これはマコーミックのオリジナル(上記)ではない。3番のキリスト教の歌詞は20世紀後半に書かれた(作者不詳)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]