アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』
作者 グスタフ・クリムト
制作年 1907年
素材 カンバスに油彩銀箔金箔
寸法 138 cm × 138 cm (54 in × 54 in)
所蔵 ノイエ・ガレリエ

アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』(アデーレ・ブロッホ=バウアーのしょうぞう) は、グスタフ・クリムトによる絵画で、1907年に完成された。 報道によれば、2006年6月、当時としては史上最高値の156億円(1億3500万ドル)で、エスティ・ローダー社社長(当時)のロナルド・ローダーに売却され[1]、同年7月からニューヨークノイエ・ガレリエに展示されている。

絵画[編集]

クリムトはこの絵の完成に3年をかけた。 大きさはおよそ138 x 138 cm 、キャンバスの上に油彩と金彩を施し、ユーゲント・シュティール様式の複雑で凝った装飾がなされている。 クリムトは、絵画の伝統的手法を打破しようとする芸術家のグループ・ウィーン分離派に属していた。 この絵はフェルディナンド・ブロッホ=バウアーの注文によりウィーンで描かれた[2]。 フェルディナンドは砂糖産業で富を得た裕福な実業家であり、芸術家を後援し、クリムトを支援した。 クリムトは1912年には『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 II』を描き、アデーレはクリムトによって2度描かれた唯一のモデルとなった。

絵の所蔵[編集]

持ち主が変わったことを知らせる公式のポスター

アデーレ・ブロッホ=バウアーは、クリムトの絵をオーストリア・ギャラリーに寄贈するよう遺言した[3]。 彼女は髄膜炎により1925年に死去した。 ナチスオーストリアを占領した際には、寡夫となったフェルディナンドはスイスに亡命することとなった。 彼の資産は、クリムトの絵を含め、ナチスに没収されてしまった。 1945年には遺言で、ブロッホ=バウアーはその資産の後継者として甥や姪を指名、その中にはマリア・アルトマンも含まれていた[4]

ブロッホ=バウアーの所蔵していた絵はオーストリアに残されており、この絵がそこにあるのはアデーレ・ブロッホバウアーの遺言によるものだ、というのが政府の見解であった。 アメリカ合衆国とオーストリアで長らく法廷闘争を繰り広げた(Republic of Austria v. Altmann)結果、2006年にオーストリア法廷による仲裁裁判は、マリア・アルトマンにクリムトの絵5点(そのうちの1つがアデーレの絵)の所有権を認めた[5]。 アメリカに送られたのちローダーに売却されるまでの2006年には『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I』はロサンゼルスで展示されていた。

アデーレの肖像は、ロナルド・ローダーがノイエ・ガレリエに収集した美術品の中でも、特に重要なものである。 このコレクションは、かつてユダヤ人が所有しナチ政府に略奪・没収された美術品を、長い時間をかけて、たいていはドイツとオーストリアから取り戻してきたものである。 ローダーは、自身が駐オーストリア米国大使だったころからこの問題に取り組み、「ユダヤ人損害賠償世界機構(World Jewish Restitution Organization)」の一員であり、クリントン政権時代にはナチスの略奪事件の査問委員会にも属していた。 ローダーは、ノイエ・ガレリエへのコレクション獲得について、「これは我々にとってのモナ・リザである」とコメントしている[6]

2006年6月、ニューヨークのノイエ・ガレリエは、クリムトの略奪された肖像画の5枚目、アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 Iに対し1億3500万ドルを代価として支払ったと報告されている。 『アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 II』は、2006年11月に、クリスティーズで約8800万ドルで落札されている。

映画[編集]

マリア・アルトマンの物語は、3編のドキュメンタリー映画の素材となった。 アルトマンの親族で映画製作者のテレンス・ターナーは、映画『アデーレの望み Adele's Wish 』を2008年に公開した。 『アデーレの望み』は、アルトマンや、彼女の弁護士 E.ランドール・シェーンベルク、その他世界中の専門家へのインタビューで構成されている。 アルトマンの物語はまた、2007年のドキュメンタリー『盗まれたクリムト Stealing Klimt 』でも主要テーマとなった。 この映画も、アルトマン、シェーンベルク、その他関係者へのインタビューで構成されている。 2006年にはドキュメンタリー『ヨーロッパへのレイプ The Rape of Europa 』が特集され、第二次世界大戦中にナチス政府によって略奪された美術品の数々に焦点が当てられた。

参考文献[編集]

  • Hubertus Czernin. Die Fälschung: Der Fall Bloch-Bauer und das Werk Gustav Klimts. Czernin Verlag, Vienna 2006. ISBN 3-7076-0000-9

脚注[編集]

  1. ^ NY Times report 2006年6月19日
  2. ^ フェルディナンド・ブロッホ=バウアー Ferdinand Bloch-Bauer は、幼名フェルディナンド・ブロッホ、ダヴィッド・ブロッホ(David Bloch、別名アブラハム・ブロッホ)の息子で銀行家かつ砂糖工場主。母はマリー・ニー・ストラスコフ Marie, née Straschnow 。フェルディナンドは、ウィーンの銀行 Wiener Bankverein の頭取モーリッツ・バウアーと妻ジャネッテ・ネー・ホーニヒの間に生まれた娘アデーレ・バウアーと結婚した。 フェルディナンドがアデーレと結婚する際、両姓をとってブロッホ=バウアーとした。
  3. ^ Last Will 1923
  4. ^ Bloch-Bauer 1945 testament
  5. ^ クリムトの絵のリスト (『Amalie』は5点に含まれない。他にアデーレやクリムトの写真。
  6. ^ Quote

外部リンク[編集]