アテネオリンピック (1896年) における陸上競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アテネオリンピック (1896年)における陸上競技は、1896年4月6日7日9日10日の競技日程で実施された。

概要[編集]

100m決勝のスタート
100m決勝
マラソン
競技場に入ってきたルイスを歓喜して迎える大観衆

古代のパンアテナイ競技場の跡地に新設されたパナシナイコスタジアムで行われた。直線が極端に長く、コーナーが急カーブであった同競技場で、現在と異なり、時計回りで競技が行われた[1]

初めての開催となる今大会では、男子のみ12種目が行われた。

12種目中、9種目でアメリカ選手が優勝、100mで優勝したトーマス・バーククラウチング・スタートは各国選手の注目を集めた。バークは400mでも優勝した。800m1500mではイギリスのエドウィン・フラックがコーナーワークの巧みさで優勝した。円盤投では、初めて円盤を手にしたアメリカのロバート・ギャレットが地元ギリシャ期待のパナギオティス・パラスケボポウロスを破り優勝した。

大会最終日には、マラトンの古戦場から競技場までのコースでマラソンが行われた。フランスアルバン・レムゾーが32キロまでトップを走り、エドウィン・フラックとアメリカのアーサー・ブレイクが2位争いを演じた。23キロでブレイクがリタイア、レムゾーも32キロでリタイアし、フラックが先頭に立った。残り7キロの地点で、無名の牧夫であるギリシャのスピリドン・ルイスが先頭に立ち、そのまま競技場に入った。最後の200mでは、大喜びのコンスタンティノス皇太子、ジョージ親王が伴走した。ピエール・ド・クーベルタンは、「私の生涯のうちで、これほど感激したことはない」と語った。ルイスにはマラソン競技を提唱したパリ大学ミシェル・ブレアール教授から寄贈された高さ15cmの銀製のマラソントロフィーが贈られた[1]。このトロフィーはルイスの孫により、クリスティーズオークションに出品され、ギリシャの民間財団が約54万ポンド(約7000万円)で落札した[2]

競技結果[編集]

種目
100m アメリカ合衆国 トーマス・バーク
アメリカ合衆国 (USA)
12秒0 ドイツ フリッツ・ホフマン
ドイツ (GER)
12秒2 ハンガリー ソコリ・アラヨス
ハンガリー (HUN)
12秒6
アメリカ合衆国 フランシス・レーン
アメリカ合衆国 (USA)
400m アメリカ合衆国 トーマス・バーク
アメリカ合衆国 (USA)
54秒2 アメリカ合衆国 ハーバート・ジャミソン
アメリカ合衆国 (USA)
55秒2 イギリス チャールズ・グメリン
イギリス (GBR)
55秒6
800m オーストラリア エドウィン・フラック
オーストラリア (AUS)
2分11秒0 ハンガリー ダーニ・ナーンドル
ハンガリー (HUN)
2分11秒8 ギリシャ ディミトリオス・ゴレミス
ギリシャ (GRE)
2分28秒0
1500m オーストラリア エドウィン・フラック
オーストラリア (AUS)
4分33秒2 アメリカ合衆国 アーサー・ブレイク
アメリカ合衆国 (USA)
4分34秒0 フランス アルバン・レムゾー
フランス (FRA)
4分36秒0
マラソン[3] ギリシャ スピリドン・ルイス
ギリシャ (GRE)
2:58:50 ギリシャ ハリラオス・バシラコス
ギリシャ (GRE)
3:06:03 ハンガリー ケッルネル・ジュラ
ハンガリー (HUN)
3:06:35
110mハードル アメリカ合衆国 トーマス・カーティス
アメリカ合衆国 (USA)
17秒6 イギリス グラントリー・ゴールディング
イギリス (GBR)
18秒0 該当者なし
走高跳 アメリカ合衆国 エラリー・クラーク
アメリカ合衆国 (USA)
1m81cm アメリカ合衆国 ジェームズ・コノリー
アメリカ合衆国 (USA)
1m65cm 該当者なし 1m65cm
アメリカ合衆国 ロバート・ギャレット
アメリカ合衆国 (USA)
棒高跳 アメリカ合衆国 ウェルス・ホイト
アメリカ合衆国 (USA)
3m30cm アメリカ合衆国 アルバート・タイラー
アメリカ合衆国 (USA)
3m25cm ギリシャ エバンゲロス・ダマスコス
ギリシャ (GRE)
2m75cm
ギリシャ Ioannis Theodoropoulos
ギリシャ (GRE)
走幅跳 アメリカ合衆国 エラリー・クラーク
アメリカ合衆国 (USA)
6m35cm アメリカ合衆国 ロバート・ギャレット
アメリカ合衆国 (USA)
6m18cm アメリカ合衆国 ジェームズ・コノリー
アメリカ合衆国 (USA)
6m11cm
三段跳 アメリカ合衆国 ジェームズ・コノリー
アメリカ合衆国 (USA)
13m71cm フランス Alexandre Tuffèri
フランス (FRA)
12m70cm ギリシャ イオアニス・ペルサキス
ギリシャ (GRE)
12m52cm
砲丸投 アメリカ合衆国 ロバート・ギャレット
アメリカ合衆国 (USA)
11m22cm ギリシャ ミルティアデス・ゴウスコス
ギリシャ (GRE)
11m20cm ギリシャ ゲオルギオス・パパシデリス
ギリシャ (GRE)
10m36cm
円盤投 アメリカ合衆国 ロバート・ギャレット
アメリカ合衆国 (USA)
29m15cm ギリシャ パナギオティス・パラスケボポウロス
ギリシャ (GRE)
28m95cm ギリシャ Sotirios Versis
ギリシャ (GRE)
28m78cm

各国メダル数[編集]

国・地域
1 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 9 6 2 17
2 オーストラリア オーストラリア 2 0 0 2
3 ギリシャ ギリシャ 1 3 6 10
4 ハンガリー ハンガリー 0 1 2 3
5 フランス フランス 0 1 1 2
イギリス イギリス 0 1 1 2
7 ドイツ ドイツ 0 1 0 1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 吉井道郎 『オリンピックの事典』 三省堂1984年6月30日、20-23頁。ISBN 4-385-15530-5
  2. ^ 英競売、五輪優勝杯に7千万円 第1回マラソン”. 共同通信 (2012年4月19日). 2012年12月29日閲覧。
  3. ^ 距離は40km

関連項目[編集]

外部リンク[編集]