トーマス・カーティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

トーマス・カーティス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
1896 アテネ 男子110mハードル

トーマス・カーティス (Thomas Pelham "Tom" Curtis、1870年9月7日- 1944年5月23日)は、アメリカ合衆国陸上競技選手。1896年アテネオリンピック110mハードルの優勝者である。

経歴[編集]

カーティスは、マサチューセッツ工科大学で電子工学を専攻していた1896年にボストン陸上競技協会のメンバーとしてアテネオリンピックに参加することとなった。

初日、カーティスは100mの予選第2組に出場し、12.2秒のタイムで決勝に進出を決める。しかし決勝では、同日に行われる予定の彼の専門種目である110mハードル出場に備えて棄権。110mハードルは予選を勝ち上がった2人の選手によって行われる予定だったが、フランスフランツ・リフェルが同僚が出場するマラソンのアシストのために棄権、アメリカのウェルス・ホイト棒高跳の出場準備のため棄権した。このため、イギリスグラントリー・ゴールディングとの一騎打ちとなる。レースはスタート直後からカーティスが僅かにリードするが、最初のハードルでゴールディングが並び、最後のハードルを越えるときはゴールディングがリードしていた。しかし体を投げ出したカーティスがわずか5cm先着で優勝、17.6秒で金メダルを獲得した。

1944年5月23日、74歳で死去。

外部リンク[編集]