アダーボア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダーボア
[[ファイル:|250px]]
アダーボア Candoia aspera
保全状況評価
ワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ボア科 Boidae
亜科 : ボア亜科 Boinae
: ナンヨウボア属 Candoia
: アダーボア C. aspera
学名
Candoia aspera
(Günther, 1877)
和名
アダーボア
英名
Viper boa

アダーボアCandoia aspera)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目ボア科ナンヨウボア属に分類されるヘビ。別名キメアラナンヨウボアバイパーボア

分布[編集]

インドネシアニューギニア島)、ソロモン諸島パプアニューギニア

形態[編集]

最大全長100cmとナンヨウボア属最小種。体形は太短い。体色は背面は黒、灰色、褐色、赤、黄色で黒い斑紋が入り、腹面は黄色を帯びる。種小名 aspera は「粗い、ざらざらした」の意で、名前の通り鱗には隆起(キール)がある。

体形やナンヨウボア属共通の形態である三角形の頭部が、同所に分布する別科のデスアダー属、分布の異なるヘビではアフリカアダー属ヒメハブ等に類似していることが和名や英名の由来(adder、viper=毒ヘビ)となっている。これらは環境による収斂、もしくは毒蛇への擬態と考えられている。

生態[編集]

熱帯雨林や果樹園に生息する。地表棲。動作は緩怠であまり動き回ることはなく、地面に空いた穴の中でじっとしていることが多い。

食性は動物食で、カエル、小型爬虫類、小型哺乳類等を食べる。野生では主にカエルを食べる。

繁殖形態は卵胎生

人間との関係[編集]

生息地では毒蛇に間違われ、人間に駆除されることもある。

ペットとしても飼育されることもあり、日本にも輸入されている。野生個体、繁殖個体ともに流通し、赤や黄色味が強い個体は高値で取引される。性格は神経質で荒く、執拗に噛みついてくる個体が多い。乾燥に非常に弱く、また少食で餌付きにくいことから飼育しやすいヘビとはいえない。

参考文献[編集]

  • 山田和久 『爬虫・両生類ビジュアルガイド ヘビ』、誠文堂新光社、2005年、52頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]