ひげのサムエルのおはなし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ひげのサムエルのおはなし』(The Tale of Samuel Whiskers or, The Roly-Poly Pudding ;1908)は、ビアトリクス・ポター作の絵本である。

あらすじ[編集]

タビタ・トウィチットパンを焼く間悪戯されないように三匹の子供たちを押入に入れる事にした。しかしトムを捜している内にモペットミトンの掛かっていなかった押入から出てきて台所の練り粉をいじり始める。

そこにタビタのいとこリビー玄関ドアを叩く音が聞こえてきたので、驚いた二人は小麦粉牛乳置き場にあった空のの中に隠れた。事情を話したタビタとリビーは一緒にトムを捜し始める。その途中でモペットとミトンを見つけると、子供たちは年寄りのねずみが練り粉・バター麺棒を盗んでいったと話す。屋根裏部屋を捜した時に床下から何かを転がしているような音がしていたのを思い出したタビタとリビーは大工のジョンを呼ぶことにした。

トムに何があったかというと、押入に入るのを嫌がって逃げ出したトムは隠れ場所を探して暖炉から煙突を登っていき、その途中で屋根裏部屋の床下に迷い込む。そしてそこに住んでいたねずみの夫婦のひげのサムエルアナ・マライアに捕まり、猫まき団子en)にされることになった。道具と材料を盗んできたねずみ達が麺棒を使ってトムを包んだ練り粉の形を整えているところで大工のジョンが床板をで切り始めたので、ねずみ達はトムを置いて逃げ出し、以前盗んだものをまとめて引っ越していった。その日タビタはトムを包んでいた煤だらけ(トムが煙突を通っていたため)の練り粉で干し葡萄入りの茹で団子を作り、昼食に出した。

サムエルとアナ・マライアの引越し先は農家納屋で、その後この納屋はサムエル夫婦の子孫たちによってひどく荒されるようになる。成長した三匹の子供たちの内、モペットとミトンはねずみを捕るのがとても上手くなり、ネズミ捕りで生計を立てるようになった。しかしトムは「余程小さなものでもなければ」いつまで経ってもねずみを怖がった(原文では"never durst face anything bigger than - A Mouse"。翻訳の際日本語にmouseとratの区別がないためにこう訳された)。

関連項目[編集]