さらばバルデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さらばバルデス
Valdez, il mezzosangue
Chino
監督 ジョン・スタージェス
脚本 ジョン・スタージェス
クレア・ハフェーカー
原作 リー・ホフマン
製作 ディノ・デ・ラウレンティス
ドゥイリオ・コレッティ
ジョン・スタージェス
出演者 チャールズ・ブロンソン
音楽 グイド・デ・アンジェリス
マウリツィオ・デ・アンジェリス
撮影 アルマンド・ナンヌッツィ
編集 ルイス・アルヴァレズ
ヴァニオ・ アミーチ
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 イタリアの旗 1973年9月14日[1]
フランスの旗 1974年1月10日[1]
日本の旗 1974年5月[2]
上映時間 98分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
スペインの旗 スペイン
言語 英語
テンプレートを表示

さらばバルデス』(米題:Chino,伊題:Valdez, il mezzosangue)は、1973年に公開されたイタリア映画

ストーリー[編集]

少年ジェイミーは旅の途中、チノ・バルデスという人物の家に泊まらせてもらうことにする。

翌朝、一緒に馬を売りに町に行くことになるが、インディアンと白人の混血であるチノは町のカウボーイたちから嫌われ、喧嘩を売られるが地主のマラルが仲裁する。牧場に帰ると、チノはジェイミーに出発しろというが、ジェイミーは置いてくれるように頼み、放牧をしながら暮らしていくことになった。ある日、マラルが設置した鉄線で馬がのどを切ってしまう。そのことを抗議しに行くと、妹のキャサリンが牧場の馬をみせてほしいという。牧場に来た彼女に、チノは厳しく接するが、2人は次第に惹かれあっていく。しかし、マラルはそのことに気づき、チノに対し金輪際妹に近づくなと脅す。

ジェイミーとチノは、チノの友人であるインディアンの酋長リトル・ベアに会いに行く。2人は町に帰り、チノはキャサリンにプロポーズする。直後、マラルの部下が彼に襲いかかってきたが、保安官に制止される。教会でチノを待っていたキャサリンは、マラルに強制的に家に連れ戻される。チノが教会に来ると、マラルが待ち伏せして鞭で何度も打たれる。ジェイミーは気を失ったチノを連れ、リトル・ベアのもとに行く。チノは意識が戻り、2人は家に帰る。馬の鳴き声が聞こえ外に出ると、マラルの部下によって仔馬が殺されているのを発見する。さらに、マラルたちはチノを殺しにやってくる。マラルの部下を倒していたチノだったが、自分の牧場の馬を逃がし始めた。そして、彼は町を出ていくというと、マラルは部下を止める。その後、チノは馬をジェイミーに託すと、家に火を放ち町を去っていった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TV版
チノ・バルデス チャールズ・ブロンソン 大塚周夫
キャサリン ジル・アイアランド 平井道子
マラル マルセル・ボズフィ
ジェイミー・ワグナー ヴィンセント・ヴァン・パタン
クルス ファウスト・トッツィ
保安官 エットーレ・マニ

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョン・スタージェス
  • 製作:ディノ・デ・ラウレンティス、ドゥイリオ・コレッティ、ジョン・スタージェス
  • 脚本:ジョン・スタージェス、クレア・ハフェーカー
  • 原作:リー・ホフマン
  • 撮影:アルマンド・ナンヌッツィ
  • 音楽:グイド・デ・アンジェリス、マウリツィオ・デ・アンジェリス
  • 編集:ルイス・アルヴァレズ、ヴァニオ・ アミーチ

脚注[編集]

  1. ^ a b Release dates for Valdez, il mezzosangue”. IMDb. 2012年3月19日閲覧。
  2. ^ さらばバルデス”. allcinema. 2012年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]