おなら犬ウォルター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

おなら犬ウォルター(おならいぬウォルター、英語: Walter the Farting Dog)はウィリアム・コツウィンクルとグレン・マリーの作、オードリー・コールマンの挿絵による児童書のシリーズ、または同書の主人公の名である。第一作は2001年に出版された。2011年時点で第5巻まで出版されており、また第一作のハードカバーの販売部数は140万部に達している[1]

歴史[編集]

1990年、コツウィンクルとマリーはウォルターという実在の犬に着想を得て、シリーズ第一作の構想を抱いた。ウォルターは飼い主にドーナツやビールを与えられ、ひどい臭いのを連発する犬であった。コツウィンクルとマリーはコツウィンクルの妻エリザベス・グンディの助けも得ながら、犬が臭い屁で二人の泥棒をやり込める話を作り上げた。しかし、この本の出版に応じる出版社はなかなか見つからず、11年後になってようやくノース・アトランティック・ブックスから出版されることになった。第一作は成功を収め、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストの児童書部門で1位となった。二作目以降はペンギン・ブックスからの出版となり、また三作目からはグンディも共著者として名前が載せられるようになった[2][3]

2008年にはロックバンド「ジョナス・ブラザーズ」の出演で映画化される計画が報じられたが[4][5]、2011年夏の時点ではジョナス・ブラザーズは既に計画にはかかわっておらず、ティム・ヒルの監督、メアリー・ペアレントファレリー兄弟のプロデュースで制作されるとされている[6]

反響[編集]

『おなら犬ウォルター』は『パンツマン』シリーズや『Zombie Bums from Uranus』といった作品と同様に、下品な主題で児童の興味を引こうとするものだとして批判された。図書館の蔵書からこの本を外そうとする動きも見られ、図書館司書や書店の中にはこの本を扱わないとするものもいた。一部の司書は逆に、この本は普通なら関心を示さないような少年層の関心をうまく引き付けていると述べた[1][7][8][9][10]。また、大人の購入者も少なくなく[11]アメリカ合衆国大統領首席補佐官のジョシュア・ボルテンは会話のきっかけ作りのためにこの本を仕事場に置いていたとされる[12]

ジョン・サザーランドは政治・文化誌「New Statesman」において『おなら犬ウォルター』を1956年に出版された児童書の古典『どろんこハリー』と比較し、性に過敏だったホールデン・コールフィールドの系譜にあるのが(『ポートノイの不満』の主人公の)ポートノイだとすれば、ウォルターはより汚くなったハリーといったところだ、と述べ、さらにこの本の「わかってもらってないとか、みとめてもらってないとおもっている、すべてのみなさんへ」[13]という題辞に触れて、この本は結局のところ自尊心を後押ししようとするものだ、と結論付けた[14]

シリーズ[編集]

特に記述がない限りウィリアム・コツウィンクルとグレン・マリー作、オードリー・コールマン絵。

  • Walter the Farting Dog (2001) ISBN 1-58394-053-7 [15]
  • Walter the Farting Dog: Trouble at the Yard Sale (2004) ISBN 0-525-47217-7(イギリスではWalter the Farting Dog Farts Again、オーストラリアではWalter the Farting Dog: Trouble at the Garage Saleの題で出版されている)
  • Rough Weather Ahead for Walter the Farting Dog (2005) ISBN 0-525-47218-5(エリザベス・グンディとの共著、イギリスでは'Walter the Farting Dog and the Windy Day'の題で出版されている)
  • Walter the Farting Dog Goes On A Cruise (2006) ISBN 0-525-47714-4(エリザベス・グンディとの共著)
  • Walter the Farting Dog: Banned From the Beach (June 21, 2007) ISBN 0-525-47812-4(エリザベス・グンディとの共著)

注: エリザベス・グンディは最初の2冊でも"silent but deadly partner"として参加。なお"silent but deadly"とは「すかしっ屁」を意味する。

翻訳版[編集]

第一作はフランス語[16]スペイン語[17]オランダ語[18]アイスランド語[19]ノルウェー語[20]韓国語[要出典]日本語[21]ラテン語[22]など多数の言語に翻訳されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Rocco Staino, "'Walter the Farting Dog' Turns 10". School Library Journal, September 1, 2011.
  2. ^ Cecelia Goodnow, "Co-author of popular 'Walter the Farting Dog' comes to town", Seattle Post-Intelligencer, May 20, 2005.
  3. ^ Thomas, Mike (2004年4月16日). “The not-so-sweet smell of success 'Walter' authors gas on about flatulent canine with new sequel, and readers can't get enough”. Chicago Sun-Times (Chicago, Ill.): p. 60 
  4. ^ Michael Fleming, "Jonas Bros. whiff Fox's 'Farting Dog': Disney rockers to make feature starring debut." Variety, October 27, 2008.
  5. ^ John Scott Lewinski, "Farting Dog Blasts Way to Big Screen", Wired, October 28, 2008.
  6. ^ Jay A. Fernandez, "'Hop' Director Tim Hill in Talks to Direct 'Walter the Farting Dog'". Hollywood Reporter, August 5, 2011.
  7. ^ Martha Irvine, "Farts, Underpants and runaway butts: authors say 'poop fiction' gets kids reading". Associated Press, April 30, 2004.
  8. ^ Stauffer, Cindy (2004年5月25日). “Poop fiction; Children's books that wallow in bathroom humor are all the rage. But this quirky genre is raising a tricky question for school libraries, book stores and parents across Lancaster County: Is it harmless fun that encourages kids to read or does it just go too far?”. Lancaster New Era: p. 1 
  9. ^ Darin Zank, "Blaming the Dog: Grandpa Gets Wind of Book About Flatulence and Wants It Pulled From School Library." Wisconsin State Journal, January 30, 2004.
  10. ^ Zachary K. Johnson, "S.J. librarians do their homework on what's in demand." Stockton Record, February 3, 2007.
  11. ^ Macy, Beth (2004年4月23日). “Sweet Smell of Success”. The Roanoke Times: p. 1 
  12. ^ Silva, Mark (2006年3月30日). “Holding hot seat's handlebars: Bush's new chief of staff, Joshua Bolten, is a Harley man whose ability at steering 2nd-term agenda will be tested, the Tribune's Mark Silva notes.”. Chicago Tribune: p. 1.6 
  13. ^ ウィリアム・コツウィンクル、グレン・マリー著、三辺律子訳『おなら犬ウォルター』サンマーク出版、2006年より引用。
  14. ^ John Sutherland, "Blowing in the wind", New Statesman, June 12, 2006.
  15. ^ Walter the Farting Dog: Books: William Kotzwinkle, Glenn Murray, Audrey Colman. Amazon.co.uk. Retrieved on 2011-11-23.
  16. ^ Walter le chien qui pete: Walter the Farting Dog, French-Language Edition (French Edition) (9781583941041): William Kotzwinkle, Glenn Murray, Audrey Colman: Books. Amazon.com. Retrieved on 2011-11-23.
  17. ^ Walter el perro pedorrero: Walter the Farting Dog, Spanish-Language Edition (Spanish Edition) (9781583941034): William Kotzwinkle, Glenn Murray, Audrey Colman: Books. Amazon.com. Retrieved on 2011-11-23.
  18. ^ results/titledata. OPC4. Retrieved on 2011-11-23.
  19. ^ Gegnir. Gegnir.is (1994-11-06). Retrieved on 2011-11-23.
  20. ^ Ask - Dokument. Ask.bibsys.no. Retrieved on 2011-11-23.
  21. ^ Amazon.co.jp: おなら犬ウォルター: ウィリアム・コツウィンクル, グレン・マリー, 三辺 律子, オードリー・コールマン: 本. Amazon.co.jp. Retrieved on 2011-11-23.
  22. ^ Walter Canis Inflatus: Walter the Farting Dog, Latin-Language Edition (Latin Edition) (9781583941102): William Kotzwinkle, Glenn Murray, Audrey Colman: Books. Amazon.com. Retrieved on 2011-11-23.