ZERO (インターネットサービスプロバイダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポケットボード NTTドコモと提携してスタートした10円メール用端末

ZERO(ゼロ)は、GMOインターネット株式会社が運営するインターネットサービスプロバイダ(ISP)。

接続サービスはフリービットのxSP提供である。

ゼロ株式会社[編集]

2004年10月までの運営会社は、ゼロ株式会社(旧マスターネット株式会社)であった。同社は、かつてマスターネットの名称でパソコン通信サービスを提供していた。

歴史[編集]

マスターネット→ゼロ運営[編集]

パソコン通信時代[編集]

  • 1987年4月
    • 明治乳業が、100%子会社のパソコン通信サービス事業者としてマスターネット株式会社を設立。
  • 1989年4月 - 無手順方式による接続サービスを開始。
  • 1990年9月
    • 株式会社システム工学社(西久保愼一社長)は、株式会社シーネット(社長同じ)を設立し、マスターネットの情報提供事業者として「C-Net」サービスを開始。
      • 株式情報表示ソフト「Master Chart」及びデータを販売
  • 1993年12月 - 株式会社シーネットは、マスターネットを明治乳業より1000万円で買収。
  • 1995年 - 通信カラオケサービス「通信カラオケSiNGる」を開始。1曲120円、クライアントソフトは無料

インターネット時代[編集]

  • 1996年12月
  • 1997年12月
    • NTTドコモと提携し、10円メールサービスを開始。
      • ドコモ携帯電話とポケットボードを用い、インターネットメールを1通10円(2KBまで)で送受信できるサービス。
      • 電子メール端末ポケットボードはドコモとの共同開発。
      • メールアドレスは @mnx.ne.jp , @*.mnx.ne.jp
  • 2000年6月 - ナスダック・ジャパンに上場。
  • 2000年7月
    • マスターネット株式会社が、ゼロ株式会社に商号(社名)変更。
    • 基本接続料無料のインターネット接続サービス「Internet Free Access ゼロ」提供開始。
      • ドメイン名は zero.ad.jp
      • 150時間プランでは、年会費500円で基本接続料金が月100時間まで無料
  • 2001年3月 - 150時間プランの廃止を発表。

GMOインターネット運営[編集]

  • 2004年11月1日
    • ゼロ株式会社が、ISP事業について会社分割(吸収分割)を行い、同事業をGMOインターネット株式会社が承継する。
    • 同時に、ゼロ株式会社は、スカイマークエアラインズ(現スカイマーク)に吸収合併(合併比率はスカイマークエアラインズが1、ゼロが1.5)され、解散。
    • 西久保はスカイマーク顧問へ就任(翌年社長に就任)。
  • 2007年5月 GMOは、「通信カラオケSiNGる」サービスを終了。
  • 2008年2月 GMOは、10円メールサービスをはじめとする「マスターネット」のすべてのサービスを終了。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]