XM214

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
XM214

XM214は、GE社製の口径5.56mmの試作ガトリング銃。同じくGE社の製品であるM61A1 バルカンを小型軽量化したM134 ミニガンを基に、さらに小型軽量化を計画したもので、この開発経緯から「マイクロガン(Microgun)」の通称で知られる。M193 5.56x45mm弾を用いる。

最大で100発/秒と云う発射速度を誇り、生身の人間が被弾すれば痛みを感じる前に死んでいるという意味でM134同様に「無痛ガン(Painless gun)」とも呼ばれる。

M134の弾薬変更型であったが、それでもなお、重量過多、反動が強烈過ぎるなどの理由で計画中止となった。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

  • ガトリング銃
  • XM556
  • T250 - T249システムの砲部分である、37x219mmSR弾を使用する、世界最大のガトリング砲。