Write once, run anywhere

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Write once, run anywhereライト・ワンス・ラン・エニウェア』(WORA、「一度(プログラムを)書けば、どこででも実行できる」)とは、Javaのプログラムオペレーティングシステム (OS) などのプラットフォームに依存しないという意味の、サン・マイクロシステムズJavaスローガンである。『Write once, run everywhereライト・ワンス・ラン・エヴリウェア』(WORE) ともいう。

概要[編集]

Javaで記述されたソフトウェアは多くのシステムの上で開発・コンパイルでき、同一のバイトコードを得ることができる。そのバイトコードはJava仮想マシン(JVM)を持つ全てのシステムで動作する。Microsoft WindowsMac OSLinuxSolarisFreeBSDAIXNetWareHP-UXOS/2などで動く。

JVMはチップやデバイスにも組み込まれている。これは、パーソナルコンピュータ (PC) で開発したコードが何らの調整なしに、Java実行環境を持つ携帯電話ルータメインフレームで動くということである。そこで「一度書いてしまえば、どこででも走る」のである。プラットフォームオペレーティングシステム (OS) 毎に違う版のプログラムを書く必要がなくなり、また、Javaが提供する抽象化されたレイヤの方が便利であるため、開発者の負担が減る。

批判[編集]

しかし、WORA は完全なレベルまで実現されたわけではなく、現実には、移植の手間が大きく減ったというレベルにとどまっている。

Java開発者は次のようなジョークを飛ばすことがあった。「『一度書いてしまえば、どこでも実行できる』というのは、実際には『一度書いてしまっても、そこら中でデバッグしなければいけない』[1]という意味なのさ。」

脚注[編集]

  1. ^ Write once, debug everywhereライト・ワンス・デバグ・エヴリウェア

関連項目[編集]