Wikipedia:査読依頼/サンドマン (ヴァーティゴ) 20180608

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

サンドマン (ヴァーティゴ) - ノート[編集]

アメリカンコミック作品についての記事です。良質な記事にしたいと考えているのですが、サブカルチャーが題材ということもあり、些末な情報の集積になってしまっていないか、単純に読みにくくないか、客観的な意見を伺いたいと思いました。英語版記事en:The Sandman (Vertigo)の翻訳を土台にして、さらに各巻の単独記事からの翻訳を「各巻の内容」節に追記したものですが、かなり加筆・改稿を行ったため、元記事から離れた個所が多いです。

その「各巻の内容」、いわゆるあらすじが記事の半分近くを占めているのは問題かもしれません。ネタバレを恐れずにプロットの全容を明らかにしようとしたのですが、それだけスペースを取る価値があるのか迷います。また二次出典が少ない点も気になるところですが、どの程度許容されるものでしょうか。「登場人物」「作中の用語」のような内容については、冗長になりそうだったので独立した節を設けず、最低限の記述を行ったのみです。設定が分かりづらいところがあれば加筆が必要かもしれません。

ご意見よろしくお願いいたします。--Deer hunter会話) 2018年6月8日 (金) 16:26 (UTC)

【査読】 ──専門家の方による審査結果。
【検証】 ──参考文献などと照合しつつ正確性を評価。
【書評】 ──専門外の方による評価および助言。
とても面白い記事ですね。翻訳ありがとうございます。気になった点としては、複数の記事を統合したため、関連のある記述がややばらけていることでしょうか。冒頭が概要の内容になっており、冒頭と概要の統合も必要かと思います。冒頭は「『サンドマン』(原題: The Sandman)とはDCコミックスから刊行されたニール・ゲイマン原作のコミックブックシリーズ(1989年 - 1996年。全75号)。批評家から高く評価され、1991年に世界幻想文学大賞最優秀短編賞を受賞した。創作ファンタジーやグラフィックノベルメディアへの影響も大きい。」程度でいいのではないでしょうか。各巻の内容を省略する必要はないと思いますが、その前に全体の大雑把なあらすじを載せるのはいかがでしょうか。そうすれば、詳細のあらすじを読み飛ばすことも可能になります。構成の案を置いておきますので、ご参考ください。「テーマとジャンル」は評価に近い内容と感じたので、「反響と影響」と統合するか、近くに置いた方がいいと思います。日本語版の書誌情報も、可能ならあった方がいいですね。
構成案
  1. 概要(冒頭と統合)
  2. ストーリー
    1. あらすじ
    2. 各巻の内容
      1. プレリュード&ノクターン
      2. ドールズ・ハウス
      3. ドリーム・カントリー
      4. シーズン・オブ・ミスツ
      5. フェーブルズ&リフレクションズ
      6. ブリーフ・ライヴズ
      7. ワールズ・エンド
      8. カインドリー・ワンズ
      9. ウェイク
        1. シリーズ外のDCキャラクター
  3. 刊行の経緯
  4. シリーズ構成
    1. オリジナルシリーズ
    2. 続編とスピンオフ
  5. 世間の反応
    1. 批評(「作品の特色」の「テーマとジャンル」)
    2. デザイン面の評価
      1. カバーアート
      2. レタリング
    3. コミックブック業界への影響(反響と影響」のコミックブック業界への影響関連)
    4. 批判
  6. 単行本
    1. サンドマン・ライブラリー版
    2. アブソルート版
    3. アノテーテッド(注釈)版
    4. オムニバス版
    5. 日本語版
  7. メディア展開
    1. 映画
    2. テレビ
      1. 『LUCIFER/ルシファー』
「二次出典が少ない点」に関しては、あった方がいいのですが、フィクションの記事はないことも多いですね。このままで構わないと思いますが、良質な記事を目指されるなら、その点がネックになるかもしれません。個人的には記述は減らさないでほしいと思います。--名香野会話) 2018年6月15日 (金) 12:18 (UTC)
返信 ご提案ありがとうございます。それにならって記事の構成に手を入れました。どうしても翻訳元に引きずられがちなので、ご意見はとても参考になります。記述内容はほとんど変えず、順序を入れ替えた程度なので座りの悪いところもあるかもしれませんが、ちょっと時間をおいてまた見直してみます。
  • 冒頭部は名香野さんの文をそのまま使わせてもらいました。
  • 全体のあらすじの直後に「各巻の内容」を持ってくるのはいいと思うのですが、「各巻の内容」節にはストーリー概要だけでなく、個別の巻やエピソードに対する周辺情報も含まれるので、「ストーリー」節の下に置くのでは止めました。
  • 「作品の特色」節が批評家による評価に近いというのはおっしゃる通りですので、「反響と影響」節と統合しました。ただ、作者による制作意図の解説も含まれるセクションを「批評」と呼ぶのは抵抗があるので、節の見出しは「作品の評価」としました。
  • ストーリー解説に二次出典が必要かどうかは、フィクション関連の良質な記事でもそれぞれ姿勢が違いますね。最近の選考でどうなのかはフォローしていないので分かりませんが。今のところ個人的には、単なるアクションや会話など明示的に表現されている部分は一次出典でも可、行動でしか語られない心情など読者の解釈が必要な部分は二次出典が必要、というつもりでいます。
--Deer hunter会話) 2018年6月17日 (日) 02:18 (UTC)
返信 記事を拝見しましたが、整理されて読みやすいと感じました。お役に立てて光栄です。出典に関しては、Deer hunterさんの判断基準で問題ないかと思いますので、記事の見直しが終わられたときにでも、わたしの方でも出典なしで問題になりそうな文章がないか、ざっと確認してみようと思います。日本語で『THE DC ENCYCLOPEDIA DCキャラクター大事典 (ShoPro Books) 』という本が出ていましたので、図書館で取り寄せ可能なら、役に立つのではないかと思います。購入するにはちょっとお高いですね。--名香野会話) 2018年6月17日 (日) 13:32 (UTC)
【感想】 ──専門外の方による感想。
【その他】 ──表記・文体など