USA-224

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
USA-224 (NROL-49)
USA-224 launch.jpg
デルタIV HeavyロケットによりSLC-6から打ち上げられるUSA-224
所属 アメリカ国家偵察局
主製造業者 ロッキード・マーティン
衛星バス EIS (KH-12)
任務 光学画像偵察衛星
打上げ日時 2011年1月20日
輸送ロケット デルタ IV Heavy D352
打上げ場所 ヴァンデンバーグ空軍基地 SLC-6
COSPAR ID 2011-002A
SATCAT 37348
軌道要素
参照座標 地球周回軌道
軌道 太陽同期軌道
軌道傾斜角 97.93°
遠点高度 987 km
近点高度 260 km
軌道周期 97.13 分[1]

USA-224もしくはNRO launch 49 (NROL-49またはL-49) は2011年に打ち上げられたアメリカ合衆国偵察衛星である。この衛星はKH-11 (または KH-12) 光学画像偵察衛星の改良型と考えられており[2] 、2001年に打上げられたUSA-161衛星(NROL-14、2001年10月5日打上げ)の代替を意図したものと考えられている。

打上げの経緯[編集]

ボーイング社の主導で実施されてきたFIA計画が2005年に挫折したため、アメリカ国家偵察局 (NRO) は従来の KH-11(KH-12)型の衛星システムを2基追加で発注した。この決定に対する批判者は、これらの「超高性能」衛星は最新型のニミッツ級空母であるジョージ・H・W・ブッシュ (CVN-77、その調達費用の見積もりは2005年5月において63.5億米ドルに達していた)よりさらに高額になるとの懸念を表明した [3][4]。 これら2基の衛星の最初のものが USA-224 であり、ロッキード・マーティン社は、当初の見積もりより20億ドル安く、さらに計画よりも2年早く完成させた[5]

USA-224 は デルタ IV Heavy タイプロケットの先端に搭載され、カリフォルニア州ヴァンデンバーグ空軍基地SLC-6打上げ複合施設から打上げられた。打上げはユナイテッド・ローンチ・アライアンス社が実施し、これはヴァンデンバーグからのデルタ IV Heavy タイプの最初の打上げとなった[6]。発射時刻は 2011年1月20日 21:10:30 UTC であった[7]

軌道へ到達と同時に、衛星には国際衛星識別符号2011-002Aが付与された[8]。USA-224の打上げ時期の繰り上げと、前任の USA-161衛星の延命のための軌道変更[9] により、USA-161の主ミッションの終了に伴って観測期間に間が空く日数を、33日間にまで短縮することができた[5]

この衛星はエドワード・スノーデンが2013年8月30日に暴露した資料によれば、米国議会の予算書上ではEIS (Enhanced Imagery System) と呼ばれている偵察衛星の1基であり[10]KH-11英語版 光学画像偵察衛星の改良型で、KH-11シリーズとしては15基目 (KH-12シリーズと見なせば6基目)にあたり、USA-161 と同じく KH-11ブロック4型 (または KH-12ブロック2型)に属すると考えられている。任務の詳細は機密事項に指定されているが、アマチュア観測者達はその軌道を近地点高度 251km、遠地点高度 1023km、軌道傾斜角 97.9度 の逆行低軌道(LEO) (現役の KH-11/KH-12衛星の典型的な軌道)と同定している [11]

ミッションパッチ[編集]

この衛星の打ち上げに伴って発行されるパッチには、ラテン語MELIOR DIABOLUS QUEM SCIESと書かれている。これを英語に意訳すると、 “Better the devil you know than the devil you don’t know.”となり、日本語では「見知らぬ悪魔よりも知り合いの悪魔のほうがまし」、または、「知らぬ神より馴染みの鬼」となる。これは、敵国を正体不明のままにしておくよりも、その詳細をその手の中に収めておいたほうがいいという、教訓であろう。

脚注[編集]

  1. ^ Peat, Chris (2014年8月5日). “USA 224 - Orbit”. Heavens-Above. 2015年1月25日閲覧。
  2. ^ Spy Satellite Launch Shakes Up California (ABC News Jan. 20, 2011)
  3. ^ Iannotta, Ben (2009年6月2日). “Spy- sat rescue: Obama's proposal to prevent a gap in coverage sparks debate, optimism”. Defense News. 2009年6月2日閲覧。
  4. ^ O'Rourke, Ronald (2005年5月25日). “Navy CVN-21 Aircraft Carrier Program: Background and Issues for Congress”. Naval Historical Center. 2005年5月25日閲覧。
  5. ^ a b 10 Who Made a Difference in Space: Bruce Carlson, NRO Director”. Space News / NRO (2011年9月7日). 2011年11月9日閲覧。
  6. ^ Ray, Justin (2011年1月19日). “Delta 4-Heavy ready to serve nation from West Coast pad”. Spaceflight Now. 2011年1月22日閲覧。
  7. ^ Ray, Justin. “Mission Status Center”. Delta Launch Report. Spaceflight Now. 2011年1月23日閲覧。
  8. ^ Christy, Robert. “Space events - 2011”. Zarya. 2011年1月22日閲覧。
  9. ^ KH-12 USA 161 de-orbited? [updated 02/09/2011 ]
  10. ^ http://www.washingtonpost.com/world/national-security/black-budget-summary-details-us-spy-networks-successes-failures-and-objectives/2013/08/29/7e57bb78-10ab-11e3-8cdd-bcdc09410972_story.html U.S. spy network’s successes, failures and objectives detailed in ‘black budget’ summary - Washington Post, 2313/08/30]
  11. ^ Molczan, Ted (2011年1月21日). “RE: NROL-49 search elements”. SeeSat-L. 2011年1月22日閲覧。