UEC杯コンピュータ囲碁大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

UEC杯コンピュータ囲碁大会(UECはいコンピュータいごたいかい)は、コンピュータ囲碁による囲碁大会。電気通信大学(University of Electro-Communications)エンターテインメントと認知科学研究ステーションの主催により2007年から2017年まで開催された。会場は、電気通信大学内。

2017年3月の第10回大会をもって大会の終了が宣言された。大会実行委員会委員長の伊藤毅志は大会終了の告知文において、2016年3月のアルファ碁対李世乭の対局にアルファ碁が勝利したことなどから、研究としての囲碁は、”強くする”という目標から”対戦して楽しい”、”対戦してためになる”という方向性にシフトしていき、大学という場でコンペティションを続けていくのも一つの区切りの時期を迎えたと綴った[1]。正式な後継大会として、囲碁将棋チャンネルと、日本棋院や電気通信大学等に所属する有志が組成する実行委員会の両者が主催するAI囲碁竜星戦が、UEC杯をリニューアルしたかたちで開催されることが発表された[2]

形式[編集]

大会は2日間の日程で行われる。1日目の予選は、スイス式トーナメントにより16プログラムを選出する(第2回、第3回は、前年4位までのプログラムにシード権を与え本選から参加)。本選は16プログラムによるトーナメントで、本戦で敗退したプログラムも順位決定戦に回り1位から16位までを決定する。ルールは日本棋院囲碁規約を原則とするが、お互いのプログラムが同じ死活判定の誤りを犯した場合はそちらを優先するなどの例外的な規則もある。総互先で先番6目半コミ出し。先後は対局のつど操作者のニギリにより決定する。持ち時間は各30分(第1回、第2回は40分)。

上位8位までのプログラムは入賞として表彰される。他に第1回から第4回までプレゼンテーション賞、第2回より若手奨励賞(第6回より新人賞)、第5回より独創賞、第6回より学生賞が設けられている。

電聖戦の開催[編集]

第6回大会より、優勝プログラムと準優勝プログラムがプロ棋士に挑む電聖戦が開催されるようになった。 詳しくは電聖戦の項目参照。

大会成績[編集]

本戦に進出したプログラムの最終結果を示す。

第1回大会よりプロ棋士との置碁でのエキジビジョンマッチが開催されていたが、第6回より電聖戦が開始されたため、アマチュアとのエキシビジョンマッチに変更されている。

第1回大会(2007年)[編集]

12月1日・2日開催。総参加プログラムは28。

順位 プログラム名 作者 備考
1位 CrazyStone Remi Coulom(フランス) 招待プログラム
2位 勝也(Katsunari) 清愼一
3位 MoGo Sylvain Gelly(フランス) 招待プログラム
4位 Aya(彩) 山下宏
5位 GGMC Go 加藤英樹
6位 caren 小林勝己
7位 思考錯碁 田島守彦
8位 きのあ囲碁 きのあ(山田元気)
9位 RunGo 高橋英明
10位 GNU_ark 辻井研究室(荒木伸夫)
11位 迷ぃ子 村山正樹
12位 Boozer 橋本千裕
13位 martha 氏家一朗
14位 GOGATAKI 久富茂隆
15位 囲碁っぴ 有吉一彦
16位 boon -ぶーん- 佐々木健太


第2回大会(2008年)[編集]

12月13日・14日開催。総参加プログラムは29。

順位 プログラム名 作者 備考
1位 CrazyStone Remi Coulom(フランス) 招待プログラム・シード
2位 不動碁 加藤英樹
3位 Many Faces of Go David Fotland(アメリカ)
4位 勝也(Katsunari) 清愼一 シード
5位 Aya(彩) 山下宏 シード
6位 RGO 高橋英明
7位 誤碁能美譚 野口陽来
8位 agouti 安原健一郎
9位 Boozer 橋本千裕
10位 martha 氏家一朗
11位 caren 小林勝己
12位 kinoa igo(きのあ囲碁) 山田元気
13位 MC_ark 荒木伸夫
14位 囲碁っぴ 有吉一彦
15位 Kasumi 真鍋和子
16位 MoGo Sylvain Gelly(フランス) 招待プログラム・シード・棄権

エキシビジョンマッチ(7子局)

Crazy Stone 対 青葉かおり四段 Crazy Stone中押し勝ち


第3回大会(2009年)[編集]

11月28日・29日開催。総参加プログラムは32。前大会準優勝の不動碁は、シード権を獲得していたが出場していない。

順位 プログラム名 作者 備考
1位 KCC囲碁 ChoSangHyon(北朝鮮)
2位 勝也(Katsunari) 清愼一 シード
3位 Zen Team Zen
4位 思考錯碁 田島守彦
5位 Many Faces of Go David Fotland(アメリカ) シード
6位 Erica Shih-Chieh Huang(台湾)
7位 輝石 廣岡康雄
8位 Galileo 秋山真一
9位 Crazy Stone Rémi Coulom(フランス) シード
10位 Aya(彩) 山下宏
11位 GOGATAKI 久富茂隆
12位 Rock 岩川夏季
13位 Nomitan Jaist飯田研究室Nomitan開発チーム
14位 きのあ囲碁 山田元気
15位 boon 佐々木健太
16位 Kerberos 江崎千紘

エキシビジョンマッチ(6子局)

Zen 対 青葉かおり四段 青葉四段中押し勝ち

(準優勝プログラムである「勝也(Katsunari)」は置碁への対応が不完全なためエキシビジョンは見送られた)

KCC囲碁 対 鄭銘瑝九段 鄭九段中押し勝ち


第4回大会(2010年)[編集]

11月27日・28日開催。総参加プログラムは28。

順位 プログラム名 作者 備考
1位 Fuego Richard Segal
2位 Zen Team DeepZen
3位 Erica Shih-Chieh Huang
4位 Aya(彩) 山下宏
5位 Many Faces of Go David Fotland(アメリカ)
6位 Coldmilk Chou Cheng-Wei, Yen Shi-Jim
7位 caren 小林勝己
8位 PerStone 門脇聡広
9位 勝也 清愼一
10位 思考錯碁 田島守彦
11位 GOGATAKI 久富茂隆
12位 ballade 氏家一朗
13位 Nomitan Jaist 飯田・池田研究室 Nomitan開発チーム
14位 MC_ark 荒木伸夫
15位 とんぼ 矢野洋平
16位 Prologue 秋山真一

エキシビジョンマッチ(6子局)

Zen 対 青葉かおり四段 zen中押し勝ち

Fuego 対 鄭銘瑝九段 鄭九段中押し勝ち


第5回大会(2011年)[編集]

12月3日・4日開催。総参加プログラムは24。

順位 プログラム名 作者 備考
1位 Zen Team DeepZen
2位 Erica Shih-Chieh Huang 招待プログラム
3位 Aya 山下宏
4位 Pachi Petr Baudis, Jean-loup Gailly 招待プログラム
5位 The Many Faces of Go David Fotland(アメリカ) 招待プログラム
6位 blast 下川和也
7位 GOGATAKI 久富茂隆
8位 勝也 清愼一
9位 Fuego M. Mueller 招待プログラム
10位 Perstone 門脇聡広
11位 MC_ark 荒木伸夫
12位 思考錯碁 田島守彦
13位 nomitan Jaist 飯田・池田研究室 Nomitan開発チーム
14位 Qinoa Igo Qinoa
15位 とんぼ 矢野洋平
16位 LeafQuest 池田陽介

エキシビジョンマッチ(6子局)

Zen 対 鄭銘瑝九段 zen中押し勝ち

Erica 対 小林千寿五段 小林五段勝ち


第6回大会(2013年)[編集]

3月16日・17日開催。今大会より電聖戦が催されるようになり、開催時期も変更となった。総参加プログラムは22。

順位 プログラム名 作者 備考
1位 Crazy Stone Remi Coulom
2位 Zen チーム DeepZen(加藤 英樹)
3位 Aya 山下宏
4位 Pachi Petr Baudis, Jean-loup Gailly
5位 MP-Fuego Prototype Martin Mueller
6位 Nomitan Jaist Iida and Ikeda lab Nomitan development team
7位 The Many Faces of Go David Fotland
8位 blast 下川和也
9位 Per Stone 門脇聡広
10位 MC_ark 荒木伸夫
11位 RGO 高橋英明
12位 Izanami 暁(矢野 洋平)
13位 GOGATAKI 久富茂隆
14位 unyugo 山邉基一郎
15位 caren 小林勝己
16位 ballade 氏家一朗

エキシビジョンマッチ(互先)

Crazy Stone 対 多賀文吾(アマチュアトッププレイヤー) 多賀中押し勝ち

  • プロ棋士との対局は、この年から電聖戦で行われるようになった。


第7回大会(2014年)[編集]

3月15日・16日開催。総参加プログラムは20。

順位 プログラム名 作者 備考
1位 Zen チーム DeepZen(加藤 英樹)
2位 Crazy Stone Remi Coulom
3位 Aya 山下宏
4位 HiraBot 福本清
5位 Nomitan Kokolo Ikeda
6位 GOGATAKI 久富茂隆
7位 LeafQuest 池田陽介
8位 caren 小林勝己
9位 MC_ark 荒木伸夫
10位 勝也 清愼一
11位 storm 小林祐樹
12位 milago 太田雄大
13位 MP-Fuego Martin Mueller
14位 Qinoa Igo 山田元気
15位 迷ぃ子 村山正樹
16位 ballade 氏家一朗

エキシビジョンマッチ(互先)

Zen 対 田中義国(電気通信大学囲碁部所属、東洋囲碁六段) Zen 中押し勝ち

第8回大会(2015年)[編集]

3月14・15日に開催。総参加プログラムは21。

順位 プログラム名 作者 備考
1位 Crazy Stone Remi Coulom
2位 DolBaram Lim Jaebum
3位 Aya 山下宏
4位 Nomitan Kokolo Ikeda
5位 Zen チーム DeepZen(加藤 英樹)

第9回大会(2016年)[編集]

3月19・20日に開催。総参加プログラムは32。

順位 プログラム名 作者 備考
1位 Zen チーム DeepZen
2位 darkforest Facebook AI Research
3位 Crazy Stone Remi Coulom
4位 Aya 山下宏
5位 DolBaram Lim Jaebum

第10回大会(2017年)[編集]

3月18・19日に開催。総参加プログラムは32。

順位 プログラム名 作者 備考
1位 Fine Art(絶芸) テンセント
2位 DeepZenGo チーム DeepZenGo DeepZenGoはZenの後継プログラム
3位 Rayn 松崎 憲介,小林 祐樹
4位 AQ 山口 祐
5位 Crazy Stone Remi Coulom , Fabien Letouzey

エキシビジョンマッチの結果[編集]

回数(開催年) 順位 プログラム名 手合い割 対局者 対局結果
第2回(2008年) 優勝 Crazy Stone 7子 青葉かおり四段 Crazy Stone中押し勝ち
第3回(2009年) 3位 Zen 6子 青葉かおり四段 青葉四段中押し勝ち
優勝 KCC囲碁 6子 鄭銘瑝九段 鄭九段中押し勝ち
第4回(2010年) 準優勝 Zen 6子 青葉かおり四段 Zen中押し勝ち
優勝 Fuego 6子 鄭銘瑝九段 鄭九段中押し勝ち
第5回(2011年) 準優勝 Erica 6子 小林千寿五段 小林五段中押し勝ち
優勝 Zen 6子 鄭銘瑝九段 Zen中押し勝ち
第6回(2013年) 優勝 Crazy Stone 互先 多賀文吾アマ 多賀アマ中押し勝ち
第7回(2014年) 優勝 Zen 互先 田中義国アマ Zen中押し勝ち
第8回(2015年) 優勝 Crazy Stone 互先 榊原昌人アマ 榊原アマ中押し勝ち
第9回(2016年) 優勝 Zen 互先 吉崎久博アマ Zen中押し勝ち

電聖戦の結果[編集]

詳しくは電聖戦を参照。

回数(開催年) 順位 プログラム名 手合い割 対局者 対局結果
第1回(2013年) 準優勝 Zen 4子 二十四世本因坊秀芳(石田芳夫九段) 秀芳中押し勝ち
優勝 Crazy Stone 4子 二十四世本因坊秀芳 Crazy Stone3目勝ち
第2回(2014年) 準優勝 Crazy Stone 4子 依田紀基九段 Crazy Stone2目半勝ち
優勝 Zen 4子 依田紀基九段 依田中押し勝ち
第3回(2015年) 準優勝 Dolbaram 4子 二十五世本因坊治勲(趙治勲マスターズ) Dolbaram中押し勝ち
優勝 Crazy Stone 3子 二十五世本因坊治勲 治勲中押し勝ち
第4回(2016年) 準優勝 darkforest 3子 小林光一名誉棋聖 小林中押し勝ち
優勝 Zen 3子 小林光一名誉棋聖 Zen4目半勝ち
第5回(2017年) 準優勝 DeepZenGo 互先 一力遼竜星 DeepZenGo中押し勝ち
優勝 絶芸 互先 一力遼竜星 絶芸中押し勝ち

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大会目的 第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会ウェブサイト 2016年10月28日 2016年11月21日閲覧
  2. ^ AI囲碁竜星戦大会目的 AI囲碁竜星戦ウェブサイト 2017年10月26日 2017年11月16日閲覧

外部リンク[編集]