Template:引用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
text1
—text2
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

{{引用|1=引用文|2=引用元|3=表示位置|4=引用文表示サイズ|5=引用元表示サイズ}}

引数 指定内容 規定値 説明 入力
1 text1 文字列 text1 引用文を記入します。 必須
2 text2 文字列 text2 引用元を記入します。 必須
3 place 左/左寄せ/右/右寄せ 中央 テンプレートの表示位置を決定します。 省略可
4 size1 数値 120% 引用文の表示サイズを決定します。推奨110 - 120%。 省略可
5 size2 数値 80% 引用元の表示サイズを決定します。推奨80 - 90%。 省略可
6 align left/center/right right 引用元の表示位置を決定します。 省略可
7 廃止。
8 color 色数値 #5874FF 引用符の色を決定します。 省略可
9 bgcolor 色数値 #fff 引用表示の背景色を決定します。 省略可
10 box yes なし 枠線表示の有無を決定します。 省略可

実例[編集]

例1[編集]

{{引用|1=ウィキペディアは誰でも編集できるフリー百科事典です|2=[[メインページ]] {{固定リンク|55945055|2015-06-22T16:14:09 (UTC)}}|9=#fee}}
ウィキペディアは誰でも編集できるフリー百科事典です
メインページ 2015-06-22T16:14:09 (UTC)

例2[編集]

{{引用
|text1=30mm [[GAU-8 (機関砲)|GAU-8]][[ガトリング砲]]を発射すると、その反動で「機体のボルトが緩む」「反動で速度が落ちて失速する(実際にはわずかに減速する程度)」というような戦場伝説がある。

[[攻撃ヘリコプター]]より機速の速い(音速の半分程度)A-10では、無視できない機体速度と[[砲弾]]初速とがあいまって弾速が音速を超える。そのため、被攻撃側からすると飛来する[[エンジン]]音が聞こえたかと思うやいなやいきなり周囲に[[弾丸]]が着弾し、発射音(実際にはガトリング砲の作動音の方が大きいが)が後から聞こえるといった現象が起きる。これは複数のYoutubeの映像などからも確認できる。

他にも「被弾して主翼の3分の2が無くなっても飛べる」などの俗説もある。実際に主翼の2/3を失っても飛行できるか否かは不明であるが、[[湾岸戦争]]においては参加機のうち半数にあたる約70機が被弾しながら、被撃墜は6機にとどまり、喪失率は10%でしかない。384箇所の破孔を生じながら生還、数日後には修理を完了し任務に復帰した80-8186号機や、[[イラク戦争]]において[[地対空ミサイル|SAM]]によって右エンジンカウルを吹き飛ばされながら生還した80-258号機などの「タフさ」の実績がある。
|text2=[[A-10 (航空機)]] {{固定リンク|56952896|2015-06-22T16:14:09 (UTC)}}
|place=左
|size1=130%
|size2=100%
|fonttype=none
|color=red
|align=center
|box=yes
}}
30mm GAU-8ガトリング砲を発射すると、その反動で「機体のボルトが緩む」「反動で速度が落ちて失速する(実際にはわずかに減速する程度)」というような戦場伝説がある。

攻撃ヘリコプターより機速の速い(音速の半分程度)A-10では、無視できない機体速度と砲弾初速とがあいまって弾速が音速を超える。そのため、被攻撃側からすると飛来するエンジン音が聞こえたかと思うやいなやいきなり周囲に弾丸が着弾し、発射音(実際にはガトリング砲の作動音の方が大きいが)が後から聞こえるといった現象が起きる。これは複数のYoutubeの映像などからも確認できる。

他にも「被弾して主翼の3分の2が無くなっても飛べる」などの俗説もある。実際に主翼の2/3を失っても飛行できるか否かは不明であるが、湾岸戦争においては参加機のうち半数にあたる約70機が被弾しながら、被撃墜は6機にとどまり、喪失率は10%でしかない。384箇所の破孔を生じながら生還、数日後には修理を完了し任務に復帰した80-8186号機や、イラク戦争においてSAMによって右エンジンカウルを吹き飛ばされながら生還した80-258号機などの「タフさ」の実績がある。

A-10 (航空機) 2015-06-22T16:14:09 (UTC)

関連項目[編集]

テンプレート 表示 説明
{{Quote|引用文|言った人|引用文の出所}}

引用文

言った人、引用文の出所
本文中での引用向け、枠なし、背景色なし。
{{Quotation|引用文|言った人|引用文の出所}}
引用文 — 言った人、引用文の出所
本文中での引用向け、枠あり、背景色付き。
{{Bquote|引用文|空引数|空引数|言った人|引用文の出所}}

引用文

—言った人,引用文の出所

本文中での引用向け、枠なし、背景色なし。
{{Quote box|引用文|引用文の出所}}
引用文
引用文の出所
画像的な引用向け、枠あり、背景色付き。
{{Cquote|引用文|20px|空引数|言った人|引用文の出所}}
引用文

—言った人(引用文の出所より)

<table>使用、記事本文からの抜粋、画像的な引用向け、体裁変更可能。
{{Cquote3|引用文|20px|空引数|言った人|引用文の出所}}
引用文

—言った人(引用文の出所より)

<table>使用、記事本文からの抜粋、画像的な引用向け、定義リストのマークアップを使用した疑似インデント可能、体裁変更可能。
{{Rquote|right|引用文|言った人|(引用文の出所)}}
引用文

—言った人(引用文の出所)

<table>使用、記事本文からの抜粋、画像的な引用向け、左右寄せ可能、体裁変更可能。
{{引用|引用文|引用元(引用元の版リンクやURL)}}
引用文
—引用元(引用元の版リンクやURL)
<table>使用、引用文/引用元文字列にウィキマークアップの使用を可能にしたもの。左右寄せ・体裁・背景色・枠線表示有無・引用符色・引用符種類などが変更可能。
{{QuoteSidebar|横幅|背景色|位置|タイトル|引用文|引用文の出所}}
タイトル
引用文
引用文の出所
<table>使用、画像的な引用向け、体裁変更可能。
{{Squote|引用文}}
引用文
<table>使用、画像的な引用向け、体裁変更可能。
{{SquoteH}}引用文{{SquoteF}}
引用文
<table>使用、画像的な引用向け、体裁変更可能。
{{Talkquote|引用文|Example}}

引用文
— User:Example

<blockquote>使用、ノートページで他者発言を引用するときに使用。
その他
  • {{ママ}} = {{sic}}: ママ、すなわち引用が誤りでない事を示す。
  • {{interp}}: 引用文を文脈により補充。原文で「それを知っていれば」を「{{interp|[[イプヘケ]]}}を知っていれば」と書くと、「[イプヘケ]を知っていれば」となる。
注意事項