イプヘケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イプヘケの演奏によるフラ。左奥に座っている男性の前にある楽器がイプヘケである。

イプヘケ (ipu heke) は、ポリネシアの中でハワイ特有の打楽器である。瓢箪の中身を掻き出した物を二つ重ねて作られる。イプというのはハワイ語で瓢箪という意味で、ヘケというのは同じくハワイ語で「上の」という意味である[1]。上の部分のついていない1個だけの瓢箪の楽器はイプまたはイプヘケ・オレという[1][2]。床に底を打ち付けるか、手で叩いて音を出す。上の部分は頭だからという理由でたたかない演奏者もいる[3]。主としてフラの伴奏に用いられるが、フラのダンサーが踊りながら使用する場合もある[1]ウリウリとともにハワイを代表し、特に古典フラ(フラ・カヒコ)において欠かすことのできない楽器である。(英語による解説→「Ipu heke」)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c フラダンスの楽器、イプ・イプヘケについて” (日本語). フラダンスの楽器、イプ・イプヘケについて. 2019年3月6日閲覧。
  2. ^ tomshore2. “イプヘケ” (日本語). West Tokyo Today. 2019年3月6日閲覧。
  3. ^ フラダンスの楽器、イプ・イプヘケについて” (日本語). フラダンスの楽器、イプ・イプヘケについて. 2019年3月6日閲覧。