TGE指数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TGE指数とは高温作業下の作業場における温熱指数の一つである。1952年労働科学研究所に所属していた斉藤一及び高松誠によって提唱された[1]

概要[編集]

TGE指数はT×G×E (T=職場の平均気温 (Air-Temperature), G=職場の平均黒球温度 (Globe Temperature), E=平均エネルギー代謝率 (Energy Relative Metabolic Rate) ) で表される[2]

高温作業の適正範囲はTGE指数の数値が4000以下とされる。この際の作業者の8時間の水分喪失量は約4リットルに相当する。TGE指数4000以上6000未満では適応破綻がみられるようになり、6000以上では適応が極めて困難となる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岡山大学大学院医学研究科(主任:大平昌彦教授) 康逸雄 (1965年12月23日). “高温湿環境下,重筋労働に関する衛生学的研究 高温,高湿環境下労働時の生理的許容限界ならびに休憩について”. 2012年11月3日閲覧。
  2. ^ 長崎大学医学部公衆衛生学教室 相沢龍 (1960年5月10日). “熱射病予防策の労働科学的検討”. 長崎大学風土病紀要 2(2), p.160-179, 1960. 2012年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]