TAMA (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TAMA』 (たま)は、1994年にタイムワーナーインタラクティブテンゲンから改称)から発売された、セガサターンプレイステーション用3D玉転がしゲーム。

セガサターン、プレイステーション両機のローンチタイトルのひとつ。コントローラーによって迷路盤を傾け、主人公である「たま」という玉を転がしてゴールに導く。「パズルゲーム」という地味なジャンルながら、本作のような本格的な3Dパズルゲームは高度な物理演算テクスチャマッピングが必要なため、いわゆる「次世代機」によってはじめて可能になったものであるが、サターンの前世代機であるメガドライブにて多くの傑作をリリースした有力サードパーティの作品として『セガサターンマガジン』による総合的な評価は低かった。

「TAMA」の発売直前に、アタリゲームズやテンゲンを含むタイムワーナーグループのメディア部門の組織改編があったため、熱狂的なテンゲンファンであるメガドライバーとアタゲーファンを心配させたが、説明書に読者コーナーを設けるなど、社名が変わってもテンゲンらしさは相変わらずであった。

関連項目[編集]