SWAT 4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SWAT 4
ジャンル FPS
タクティカルシューター
対応機種 Microsoft Windows
開発元 Irrational Games
発売元 Sierra Entertainment
販売元 アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗 ヴィヴェンディ・ユニバーサル
日本の旗 ライブドア
プロデューサー Robert Irving
デザイナー William Gardner
Paul Hellquist
Ian Vogel
シナリオ Sara Verrilli
音楽 Eric Brosius
美術 Nate Wells
シリーズ en:Police Quest
メディア DVD-ROM
ダウンロード販売
発売日 アメリカ合衆国の旗 2005年4月5日
欧州連合の旗 2005年4月8日
日本の旗 2005年4月8日(英語版)
日本の旗 2005年7月29日(日本語版)
エンジン Vengeance Engine
テンプレートを表示

SWAT 4』(スワット4)は、米国の特殊部隊を題材としたWindowsファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS、一人称視点シューティングゲーム)。プレイヤーは部隊のチームリーダーとなり、人質救出や犯人逮捕、その他様々な任務に就く。

開発はIrrational Games、販売はフランスのヴィヴェンディ・ユニバーサル。欧米では2005年4月5日に発売され、日本ではライブドアより2005年4月8日に日本語マニュアル付き英語版、7月29日に日本語版が発売された。拡張版『SWAT 4: The Stetchkov Syndicate』も2006年2月28日に発売された。GOG.comは2017年1月24日にダウンロード販売を開始した。

プレイモード[編集]

シングルプレイ[編集]

シングルプレイではプレイヤーは4人の隊員を率いる部隊のチームリーダーとなり、人質救出などの様々な任務に挑む。ただし、本作は実際のSWAT隊員と同じ規則に従って攻略することを目的としており、そのため、犯人を出来る限り死に至らしめず、鎮圧・確保することが要求される。各ミッション終了後にはディブリーフィングとしてスコア判定があり、犯人を不当に殺害したり、隊員を負傷させるとその度合いによって減点される。また、SWATは警察機関であるため、民間人を殺害、もしくは犯人に民間人が殺害されると、その時点でミッション失敗となる。