SHRIMP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SHRIMP(Sensitive High Resolution Ion Microprobe)とは二次イオン質量分析器を搭載した分析装置である。 イオンを走査する事により、三次元的な同位体の分布を調べる事ができる装置で、Australian Scientific Instruments社とオーストラリア国立大学の共同で開発された。

世界でSHRIMPを設置している機関 [1][編集]

番号 設置している機関 地域 SHRIMP の形式 設置年
1 オーストラリア国立大学 キャンベラ I 1980
2 オーストラリア国立大学 キャンベラ II 1992
3 カーティン工科大学 パース II 1993
4 カナダ地質調査所 オタワ II 1995
5 広島大学 広島 II 1996
6 オーストラリア国立大学 キャンベラ RG 1998
7 アメリカ地質調査所及びスタンフォード大学 スタンフォード RG 1998
8 国立極地研究所 東京 II 1999
9 中国科学院 北京 II 2001
10 全ロシア地質調査研究所 サンクトペテルブルク II 2003
11 カーティン工科大学 パース II 2003
12 サンパウロ大学 サンパウロ II tba
13 中国科学院 北京 II tba
14 ジオサイエンス・オーストラリア キャンベラ IIe 2008
15 韓国基礎科学研究所 Ochang IIe tba

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Stern, R., 2006. A time machine for Geoscience Australia. AusGeo News 81, 15-17.[1]