Riak

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Riak
開発元 Basho Technologies
初版 2009
最新版 2.2.3 / 2017年4月3日(7か月前) (2017-04-03
プログラミング言語 Erlang, C, C++, some JavaScript
対応OS Linux, BSD, macOS, Solaris
プラットフォーム x86-64
サポート状況 Active
種別 Database
ライセンス Apache License 2.0
公式サイト docs.basho.com
テンプレートを表示

Riak[1]Amazon Dynamo の論文[2]に基づいて実装されているNoSQLデータベース。読み方は「リアック」[3]

Riakはバックエンドとなるシャードパーティションストレージが差し替え可能な構成であり、デフォルトのバックエンドストレージは Bitcask である[4]。またMapReduce機構を持ちネイティブで JavaScriptSpiderMonkey ランタイム)と Erlang、言語ドライバの追加で PythonJavaPHPRubyのような様々なプログラミング言語をサポートしている[5]

2012年2月21日、BashoはRiak v1.1をアナウンス。Riak 1.1ではRiaknostic、エラーのロギングとレポートの強化、大規模クラスタに対する弾性の改善、Riak Controlと呼ばれる新しいGUIとモニタリングインタフェースが導入された。

2012年3月27日、BashoはRiak CS (Cloud Storage) をリリース。Riak CSはRiak上でのマルチテナンシー、パフォーマンス計測、LOBのサポート、S3互換APIを提供。

Bashoは2013年2月21日にRiak 1.3の一般的な有用性をアナウンス[6]

Ria はフォーチュン50カンパニーのうち25%以上を含む世界中の数千社で導入されている[7]。採用企業にはシマンテック、Best Buy、Workday、Yahoo! JAPAN、Voxer、Braintree、Bump、Boeing、Comcast、AOL、Ask.com、YammerYandexAT&T、Datapipe[8]などがある。

2017年7月、主要開発元であるBashoが全オフィスを閉鎖し、事実上業務を停止していることが明らかになった[9]。Riak自体はオープンソースソフトウェアであり、今後もコミュニティベースでの開発は続けられる見込みだが、今後のサポート等に対する不安も浮上している[9]。同年8月下旬に、イギリスの大手ブックメーカーであるBet365がRiakのコードベース及び商標権に関する権利を買収した[10]

脚注[編集]

外部リンク[編集]