ProtonVPN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ProtonVPN
ProtonVPN Logo.svg
ProtonVPNのロゴ
開発元 Proton Technologies AG
リポジトリ ウィキデータを編集
対応OS
種別 VPNサービス
ライセンス GPL 3.0
公式サイト protonvpn.com
テンプレートを表示

ProtonVPN(プロトンブイピーエヌ)とは、スイスで2017年から運営されているVPNサービスである[1][2]。VPNサーバーまでの通信経路の暗号化[3]、ユーザーのIPアドレスの秘匿[4]インターネット検閲の回避[5]などのプライバシー保護機能を提供する。

概要[編集]

ProtonVPNは、2014年から暗号化電子メールサービスProtonMailを提供しているProton Technologies AGと同じ開発元によって2017年から運営されているVPNサービスである。主にプライバシー保護、セキュリティ保護、検閲への対抗を目標に掲げたサービスであり、一部サーバーは無料で利用できる[6]

沿革[編集]

2017年6月20日、サービス開始[7]

2018年10月、Firefoxを開発するMozillaは、ユーザーの通信の安全性を確保するため信頼のおけるVPNサービスを検討。結果、ProtonVPNと協力して、試験的にFirefox上でProtonVPNの提供を開始[8][9][10][11]。(後にMozillaはMullvad VPNとのパートナーシップの元、独自にMozilla VPNのサービスを開始)

2020年5月、ProtonVPNのAndroid版アプリがF-Droidからもインストール可能に[12]

2020年7月21日、香港における民主主義、プライバシー、言論の自由を守るため、「7・8月の香港での売り上げの50%」および「寄付の全額」を、香港の2つの団体「612 Humanitarian Relief Fund」および「Stand With Hong Kong」に寄付するキャンペーンを発表した[13][14]。(関連情報、2019年-2020年香港民主化デモ

2020年10月、最終的に寄付キャンペーンは9月まで延長され、800,000香港ドル(約11,000,000)が「612 Humanitarian Relief Fund」および「Stand With Hong Kong」に寄付された[15]

安全性[編集]

ノーログポリシー[編集]

閲覧履歴などを保存しないノーログポリシーを掲げている。

暗号化[編集]

通信の暗号化にはOpenVPNやIKEv2を使用して安全性を確保している。

Secure Core[編集]

通常1つである接続先サーバーを2重にすることで安全性を高めるSecure Core(セキュアコア)という機能を提供している。Secure Coreを利用した場合まずProtonVPNが直接管理している、強力なプライバシー保護法のある国(アイスランド、スイス、スウェーデン)のサーバーに接続され、その後出口サーバーとして機能する2つ目のサーバーに接続された後にインターネットに接続される[16]

スイス拠点[編集]

監視協定である5 Eyesや14 Eyes(UKUSA協定)の内でなく、DPAやDPOなどのプライバシー保護法が強力なスイスに拠点を置くことで法的にプライバシーが保護できるとしている[17]

機能[編集]

サーバー[編集]

サーバーは2019年4月時点において、32カ国に387台存在する[18]

サーバーは2019年9月時点において、35カ国に464台存在する[19]

サーバーは2020年5月時点において、50カ国に801台存在する[20]

サーバーは2020年8月時点において、51カ国に954台存在する[21]

料金プラン[編集]

料金プラン
プラン名称 料金 サーバー デバイス数 P2P Plusサーバー Secure Core Torサーバー 安全なストリーミング ProtonMail VISIONARYを含む
FREE 無料 3カ国のサーバー 1 × × × × × ×
BASIC 月4ドル すべての国のサーバー 2 × × × × ×
PLUS 月8ドル すべてのサーバー 5 ×
VISIONARY 月24ドル すべてのサーバー 10


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ProtonVPN - About Us” (英語). protonvpn.com. 2018年11月28日閲覧。
  2. ^ Admin (2017年6月20日). “ProtonVPN has launched and ProtonVPN Beta is ending soon” (英語). ProtonMail Blog. 2019年3月5日閲覧。
  3. ^ 暗号化されていない公共無線LAN等でセキュリティを確保できる
  4. ^ VPNサーバーに接続された状態でウェブサイトなどを閲覧した場合に、ウェブサイトなどに通知されるのはユーザーのIPアドレスではなくVPNサーバーのIPアドレスである
  5. ^ VPNサーバーを経由して通信を行うため、場合によっては政府等によるインターネット検閲を回避できる可能性がある
  6. ^ ProtonVPN: The only free VPN with no ads and no speed limits” (英語). ProtonVPN. 2020年5月16日閲覧。
  7. ^ “ProtonMail launched ProtonVPN as a secure and free VPN service” (英語). ProtonVPN Blog. https://protonvpn.com/blog/free-vpn-service-launch/ 2020年7月22日閲覧。 
  8. ^ FirefoxがVPNサービスを試験的に提供開始、高セキュリティ&プライバシー厳守の「ProtonVPN」と提携」『GIGAZINE』。2018年11月28日閲覧。
  9. ^ “We're partnering with Mozilla to bring online privacy to more people - ProtonVPN Blog” (英語). ProtonVPN Blog. (2018年10月22日). https://protonvpn.com/blog/mozilla-partnership/ 2018年11月28日閲覧。 
  10. ^ Testing new ways to keep you safe online – Future Releases” (英語). Future Releases. 2018年11月28日閲覧。
  11. ^ Mozilla、Firefoxユーザー向け有料VPNサービスのテスト開始” (日本語). ITmedia NEWS (2018年10月23日). 2019年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月11日閲覧。
  12. ^ “You can download ProtonVPN from F-Droid instead of Google” (英語). ProtonVPN Blog. https://protonvpn.com/blog/f-droid-download/ 2020年7月22日閲覧。 
  13. ^ We’re giving half our revenue from Hong Kong to defend democracy” (英語). ProtonVPN Blog (2020年7月21日). 2020年7月22日閲覧。
  14. ^ ProtonVPN 宣布捐香港業務一半收益 予 612 基金及攬炒團隊 | 立場報道 | 立場新聞” (英語). 立場新聞 Stand News. 2020年7月22日閲覧。
  15. ^ ProtonVPN raises HK$800,000 for freedom in Hong Kong” (英語). ProtonVPN Blog (2020年10月13日). 2020年10月14日閲覧。
  16. ^ What is Secure Core VPN?” (英語). ProtonVPN Support. 2019年9月11日閲覧。
  17. ^ ProtonVPN - Security Features” (英語). ProtonVPN. 2019年9月11日閲覧。
  18. ^ ProtonVPN - About Us” (英語). ProtonVPN. 2019年2月3日閲覧。
  19. ^ ProtonVPN - About Us” (英語). ProtonVPN. 2019年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月11日閲覧。
  20. ^ ProtonVPN - About Us” (英語). ProtonVPN. 2020年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月16日閲覧。
  21. ^ ProtonVPN - About Us” (英語). ProtonVPN. 2020年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月1日閲覧。

外部リンク[編集]